16年の米国競馬年度代表馬(エクリプス賞)表彰各部門が21日に発表され、年度代表馬にはカリフォルニアクローム(牡6、A・シャーマン、父ラッキープルピット)が選出された。ケンタッキーダービー、プリークネスSを制した14年に続き、2年ぶり2度目の栄冠。248票中、202票を集め、昨年のBCクラシック覇者アロゲートの40票を上回った。

 昨年は8戦7勝2着1回でドバイワールドカップなどG1を3勝。BCクラシックは3歳の新星アロゲートと大激戦を演じた末に敗れたが、一年を通じて、米国競馬の主役だった。

 カリフォルニアクロームはすでに今春の引退、種牡馬入りが決まっており、今月28日に行われる第1回のペガサスワールドカップ(G1、ダート1800メートル、ガルフストリームパーク)がラストラン。アロゲートとの再戦に挑む。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ