<タンザナイトS>◇4日=阪神◇オープン◇芝1400メートル◇3歳上◇出走14頭

 池添謙一騎手(37)が阪神11RタンザナイトS(オープン、芝1400メートル)をサンライズメジャー(牡7、浜田)で勝ち、98年のデビュー以来19年目にしてJRA通算1000勝を達成した。史上33人目、現役16人目。「1万回騎乗(15年達成)と1000勝は大きな区切り。たずさわったすべての人に感謝しています」と喜びを語った。

 道中は中団の内で待機。直線で馬の間を割って伸び、ゴール寸前でエポワスをとらえた。「直線で狭くなったけど前が開いてからはしっかり伸びてくれた。(エポワスの)四位さんが悔しがっていた(笑い)」と持ち前の勝負強さで金字塔を打ち立てた。

 大レースに強いことで知られる。オルフェーヴルをはじめ数々の名馬とともにJRA重賞72勝、うちG1・22勝。今年もシンハライトでオークスを制し、3日には金鯱賞(ヤマカツエース)も勝利した。重賞で1000勝とはいかなかったが「僕らしい」と謙遜。華のあるジョッキーとして、これからもターフをわかせそうだ。【岡本光男】

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ