<阪神ジャンプS>◇17日=阪神◇J・G3◇芝3140メートル◇3歳上◇出走11頭

 障害界の新星ニホンピロバロン(牡6、田所)が5連勝で重賞2勝目を飾った。

 高田騎手はJRAタイ記録で自身2度目となる同一重賞4連覇、JRA新記録となる同一重賞7年連続連対を達成した。

 道中は中団に構え、3コーナー手前から徐々に進出。最後は王者アップトゥデイトを半馬身差かわした。鞍上は「休み明けで夏負け気味もあって万全とは言いがたい状態。馬の能力に助けられた。(記録は)僕1人の力でできるわけではないので」と謙虚に喜んだ。今後は前哨戦を挟んで中山大障害(J・G1、芝4100メートル、12月23日)を目指す。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ