凱旋門賞2着のナカヤマフェスタなどを所有した和泉信一氏が8月26日、病気のため死去した。90歳。51年に馬主資格取得。日本馬主協会連合会名誉会長、中山馬主協会最高顧問で、競馬界の発展にも寄与した。

 ナカヤマフェスタやナカヤマナイトを管理した二ノ宮師は「20代で馬主になって牧場もつくり、白井の厩舎では調教にも携わった。全てを知り尽くしていた。知っているのに私には何も言わない、すごい人で尊敬できる方。ご冥福をお祈りします」と恩人を悼んだ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ