クイーンS(G3、芝1800メートル、31日)の主役候補だったオークス2着のチェッキーノ(牝3、藤沢和)が29日、左前脚屈腱(けん)炎を発症し、同レースを回避した。

 所有するサンデーレーシングのホームページによると同日左前脚の裏筋部分が腫れ、エコー検査の結果、判明した。「過去の屈腱炎の症状と比較すると十分に復帰が可能な程度」という状況で、現役続行を前提に31日にノーザンファーム早来に放牧に出される。藤沢和師は「残念なことになってしまいました。日曜に移動し、様子を見てから今後のことは考えます」とコメントした。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ