栗毛の美少女で93年のクラシック戦線を沸かせたユキノビジン(父サクラユタカオー、母ファティマ)が22日午後、余生を送っていた村田牧場(北海道新冠町)で急性心不全のため、26年の生涯を閉じた。

 2歳時は岩手4戦3勝で中央入り。3歳初戦のクロッカスSを9番人気で勝つと、桜花賞、オークスともベガの2着と奮闘した。クイーンS(G3)で重賞初制覇を飾り、同年ターコイズS(1着)を最後に引退した。通算10戦6勝(中央6戦3勝)。

 同牧場の村田和子さんは「いつも青葉の頃にふっくらして毛づやも良くなるのに、今年はなかなか良くならなかった。少しずつ衰えていましたね。放牧地で寝ているのかなと思ったら、亡くなっていました。いい子は残せませんでしたが、牧場にとって大切な馬。桜花賞は悔しくもうれしくて、一番の思い出です」と功労馬をしのんだ。

 5月には昨年末に定年退職した清原厩務員と、ユキノビジンが縁で結婚した妻と娘の3人が訪れた。娘の優希乃さん(19)は「ユキちゃんがいなければ私は生まれなかったのよ」と愛馬に話し掛けていたという。久しぶりに会った厩務員一家の元気な姿に、安心したのだろうか。G1には届かなかったが記憶に残るグッドルッキングホースだった。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ