キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1、芝2400メートル、英アスコット=23日)で連覇のかかるポストポンド(牡5)が回避することになった。

 20日、所属するヴァリアン厩舎が公式ホームページで発表した。同日朝、呼吸器の感染症が見つかったため。症状は軽度とみられるが、ヴァリアン師は「非常に残念だが、100%でないなら走らせられない」とコメントした。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ