3月17日に29歳で死んだメジロライアン(牡)の納骨式が20日、北海道洞爺湖町のレイクヴィラファームでファン、関係者約40人を集めて行われた。

 同馬の主戦として90年の牡馬3冠で名勝負を演じ、91年宝塚記念を勝った横山典騎手は、自身が建立した墓を前に「晴れればいいかなと思っていたが、ライアンは道悪がすごく得意だったから、こんな雨になったのだと思う。この馬にはいっぱい・・・」と言って声を詰まらせた。そして「今の僕が騎手でいられるのはライアンがいたから。引退してもこれだけのファンのいる馬に携われ誇りに思うし、感謝したい」と思いを語った。

 また、管理していた奥平真治元調教師は「こんな立派な納骨式ができたのは皆さんのおかげ。ライアンにはいい思いをたくさんさせてもらった。横山典騎手もこの馬で男になったし、厩舎も助けられました」と振り返った。

 担当だった小島浩三厩務員は「厩務員として一人前の男にしてもらった」と涙ぐみ、同ファームの岩崎伸道代表は「今、ライアンは(天国で)現役に戻った気持ちになっているのではないでしょうか。この冬も無事に越して、シンザンの長寿記録を破れるかな、と話していたところでした。でも大往生だし、これからはライアンの血が入った繁殖牝馬を大切にしていきたい」と話した。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】