阪神3R(未勝利、ダート1800メートル)で、騎手4人が落馬するアクシデントが起きた。

 事故は団子状態で各馬が殺到した1角の入り口で起きた。中団前めにいた藤岡康騎手騎乗のワイズセレクションの進路が狭くなり、転倒。すぐ後ろを追走していたワイエムフェアリー、タイムシャワー、タマモマリンバも連鎖的に落馬した。各馬に騎乗していた坂井、荻野琢、城戸の3騎手は振り落とされるように、コースにたたきつけられた。

 藤岡康は呼吸困難、肋骨(ろっこつ)の骨折が確認され、レース後すぐに救急車で病院へ搬送された。タマモマリンバに騎乗していた城戸は「びっくりました。怖かったです」と青ざめた表情で話した。

 これにより、阪神4R以降に予定されていた城戸以外の3騎手の騎乗馬は全て乗り替わりとなった。藤岡康は4、9Rが武幸、5、6、11Rは小崎、7Rは国分恭、8Rは酒井、10Rは和田、12Rは太宰に手綱が移った。

 また、坂井は4Rが佐藤友、6Rは国分優、7Rは小牧、9Rは小林、12Rは菱田へ乗り替わり。荻野も12Rが小崎へと騎手変更が発表された。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ