<桜花賞>◇10日=阪神◇G1◇芝1600メートル◇3歳牝◇出走18頭

 単勝1・5倍のメジャーエンブレムは、4着に敗れた。直線はラベンダーヴァレイと馬体をぶつけながら進出したが、外から追い上げた上位馬に伸び負けた。「スタートが良くなかった」。田村師もルメール騎手も同じ敗因を口にした。

 道中は好位のインで包まれ、早め先頭の競馬ができなかった。鞍上は「スタートが速くなくて4、5番手に。スペースができてから脚を使ったけど、最後のスピードが上がらなかった」と肩を落とした。何度もパトロールビデオを確認し、検量室を出た田村師は「すみません」と頭を下げた。

 あらためて競馬の怖さを知った。「集中力がありすぎる馬でいつものスタートがあまりに良すぎる。こういうこともいつかあると心配していたけど・・・。今日は1完歩目が速くなかった。あそこから押していくのはできないし、あの位置でもいいと思って見ていた。状態はこれまでと変わらなかった。タイミングが合わなかった」。不可思議な敗戦を田村師は説明する。

 次走はオークスか、NHKマイルCか。師は「何も決めていません。馬の状態を確認してから」と言葉を濁した。「迷惑を掛けてしまった。必ず巻き返したい」。トレードマークのひげを震わせ、2歳女王の逆襲を宣言した。【木南友輔】

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】