菜七子ちゃん、すごい!! JRAで16年ぶりに誕生した女性騎手の藤田菜七子(18=根本)が5日、中山競馬2RでJRAデビュー。16頭立て3番人気のネイチャーポイント(牡3、根本)に騎乗し、3/4馬身差の2着に食い込んだ。JRA女性騎手の初騎乗では最高着順。1レースのみの騎乗で初勝利はお預けとなったが、今日6日は中山で2レースに騎乗予定。「天才」武豊と初対戦する。

 スタンドからの歓声に、藤田は後押しされた。「聞こえていました。後ろからもう1頭来てるのかな、と思った。『もっと頑張らないと』と」。突き出す両腕とともに、馬場の真ん中でネイチャーポイントの末脚が際立った。内外で並んだ他馬を置き去り、1歩、また1歩。勝ち馬に3/4馬身差まで迫り、見せ場十分の2着だった。相棒はこれまで3戦して9、5、10着だが、「菜七子人気」もあり3番人気。その期待すらも超える結果に、ゴール後は異例の拍手が響き渡った。

 この日も“魔法の追い”がさく裂した。最後の直線で他騎手がムチを連打し始めても、手綱に意識を集中させた。「とにかく真っすぐ走らせることを意識しています。馬が横に行きそうになったら、すぐ修正するように」。残り200メートルで満を持して4発を振り下ろすと、パートナーは一気にはじけた。「女性だからこそ有利な点も、必ずあると思う」。腕力勝負では分が悪い。だからこそ力に頼らず馬を動かす。デビュー初日の3日川崎でも騎乗馬はことごとく伸びてきた。さらに新人に設けられた3キロの減量を受けた、厳選1レースのこの日。藤田なりの答えが凝縮されていた。

 2日前の経験をすぐに力に変えた。川崎では好スタートを決めながら控える場面が目立った。「引かないときは引かない。そう思わせないと、なめられる」(木藤助手)。厳しいアドバイスを糧に、徹底して押した。好ダッシュを切りながらも中団追走を選択したが、存在感を存分に植え付けた。「川崎の6鞍が、すごく勉強になった」とうなずいた。根本師からは「あの状況、私でも引いていたかも。かわいい顔してるけど、馬に乗ると性格が変わるのかな」と軽口が飛び出した。「すごいぞ」「ありがとう」。スタンドは、称賛で埋め尽くされた。6日は騎乗する2レースで武豊と相まみえる。「競馬を見始めた頃からの憧れで、雲の上の存在。でも、もちろん負けたくない気持ちはあります」。その顔に、自信を帯びてきた。【柏山自夢】

<菜七子フィーバー>

 ▼開門待ち 9時の開門を前に、1526人が列をつくった。前年の同開催日比で150・9%。

 ▼パドック 中山2Rのパドックは、約3000人が詰めかけた。

 ▼入場人員 2万1953人。前年同開催日の124・2%で、先週土曜(2月27日)比では122・9%の大盛況。

 ▼売り上げ 中山2Rは、5億3947万4700円を売り上げた。前年の同開催日同レース比で132・3%の数字。

 ▼メディア 計35社220人が取材に訪れた。レース後の会見にも約100人が詰めかけ、会場はほぼ満員状態となった。

 ◆3日川崎競馬の菜七子 6レースに騎乗し、2着1回3着1回など掲示板(5着以内)4度と健闘。デビュー戦の1R(コンバットダイヤ)は他馬の競走除外などで発走が遅れたが、好スタートを決め流れに乗った(8着)。5Rミスターナインワンでは外を鋭く伸び、この日最先着の2着。徐々に実戦の流れにも慣れ、12Rポッドライジングでは4角先頭から3着に粘った。

 ◆菜七子・この日手にした金額 2着賞金10万円(総額200万円のうち、騎手の取り分5%)+騎乗手当2万6000円+騎手奨励手当1万6000円。計14万2000円。

 ◆女性騎手の初騎乗 藤田菜七子が5日中山2Rで中央初騎乗、3番人気ネイチャーポイントで2着に入った。JRA所属騎手ではこれまで増沢由貴子(旧姓・牧原)の4着(96年3月2日中山1R=騎乗馬ダイワアサヒ、6番人気)が最高で藤田はそれを上回り、JRA女性騎手としては文句なしに“歴代最高”のデビューだ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ