JRAで16年ぶりに誕生した女性騎手の藤田菜七子(18=根本)が始球式デビューすることが5日、分かった。17日のプロ野球オープン戦、日本ハム-ソフトバンク(鎌ケ谷)で大役を務める。

 JRAの騎手では、昨年5月に甲子園で投げたM・デムーロのほか武豊、福永祐一らトップジョッキーが過去に行ってきたが、デビュー直後の藤田にも早速、白羽の矢が立った。鍛錬を積んだJRA競馬学校が日本ハム2軍の球場近くの千葉・白井市にあり、騎手課程だった1月21日には同期生とともに、日本ハム新人選手との交流会に参加した縁もあり“プロ初登板”の機会が巡ってきた。

 交流会では日本ハムのルーキーに対し「プロとしての意識の高さを感じました」と話していたが、投球にも注目だ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ