3戦3勝できさらぎ賞を制したサトノダイヤモンド(牡3、池江)は、トライアルを挟まず皐月賞(G1、芝2000メートル、4月17日=中山)へ直行することが決まった。16日に池江師が発表した。

 前走後は11日に栗東近郊のノーザンファームしがらきへ放牧に出されており「使ったなり(の状態)という感じですね」と説明した。同厩舎で京成杯を制したプロフェット(牡3)も皐月賞への直行が決定。こちらも現在は放牧中で「徐々に回復している感じ」と近況を伝えた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ