重賞2勝のトーセンスターダム(牡5、池江)は坂の下りから勝負をかける。

 この日は坂路で4ハロン64秒8-14秒9とストライドを伸ばした。池江師は「いい状態。腹回りがフックラしてるけど、レースまでに10キロぐらい減る馬なので。トモに緩さがあって瞬時にギアチェンジができないけど、京都なら(3~4角の)坂の下りを利用して加速できる」と期待を寄せていた。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ