牡馬を打ち負かしジャパンCを制したショウナンパンドラ(牝4、高野)はレースから一夜明けた11月30日も、栗東の自厩舎で元気に過ごした。「昨夜、栗東に着いたのは午前2時半ごろ。事故渋滞で1時間半ぐらい余分にかかったけど、変わりなくきています」と、愛馬の状態を確認した吉田助手はホッとした表情。

 パンドラにとっては昨年の秋華賞に次ぐ2度目のG1勝利だが、喜びは今回の方が大きい。「状態は本当に良かったし、牡馬が相手でも勝てる自信はあった。東京のG1はとても雰囲気が良かったです」。今後は未定で、有馬記念(G1、芝2500メートル、27日=中山)参戦も含め、状態を見ながらじっくり検討される。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ