オークスと秋華賞を制したミッキークイーン(牝3、池江)がジャパンC(G1、芝2400メートル、11月29日=東京)に挑むことが30日、分かった。

 池江泰寿調教師(46)が明らかにした。この日朝に放牧先のノーザンファームしがらきで状態を確認した上で、オーナーと協議して決定。「(中3週となる)エリザベス女王杯より間隔もあるし、今年なら(古馬の牡馬と比べて4キロ軽い重量の)53キロで出られる。東京ではオークスも勝っているので」と説明した。3歳牝馬では12年にジェンティルドンナがオルフェーヴルを破り、13年もデニムアンドルビーが鼻差2着に健闘。クイーンも当然、注目の1頭となる。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ