21日の中山競馬1RでJRA史上3連単2番目の高配当となる2792万9360円が飛び出した。

 2730通り中2643番人気。的中は3票。レースは道中最後方だった11番人気のアリオンダンスが向正面からロングスパートをかけ、直線先頭から押し切って快勝。好位キープから伸びた9番人気のロッジポールパインが2着、直線で外を伸びた15番人気のシゲルナガイワシが3着に入った。アリオンダンスの武士沢騎手は「クロフネ産駒だし、ダートはいいと思っていた。動きだしてからは本当に長く脚を使ってくれました」、田村師は「初戦(11着)はダートを除外されて再投票で芝にいった。かわいそうなことをしたと思っていた。土曜の予定だったが、雨で脚抜きが良くなると思ったので、月曜に切り替えて大正解だった」と振り返った。JRA記録は12年8月4日新潟の3連単2983万2950円。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ