13年のダービー馬キズナ(牡5、佐々木、父ディープインパクト)が右前繋部浅屈腱炎(けいぶせんくっけんえん)で現役を引退することが20日、JRAから発表された。今後は種牡馬となる予定だが、繋養(けいよう)先は未定。

 同馬は1番人気に支持された5月の天皇賞・春で7着に敗戦。今秋の凱旋門賞挑戦を断念し、休養に入っていた。国内専念を決めた今シーズンは天皇賞・秋(G1、芝2000メートル、11月1日=東京)を目指し、18日に栗東へ帰厩したばかりだったが、故障が判明して現役続行を断念した。春の天皇賞がラストランとなった。

 通算成績は14戦7勝(うち海外2戦1勝)。重賞はフランスのニエル賞(G2)も含め、5勝を挙げている。

 武豊騎手は「復帰を楽しみにしていただけに非常に残念です」、佐々木師は「オーナーと相談の結果、引退させることになりました。ファンが多い馬だったので非常に残念です」と、それぞれコメントを出した。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ