<柏山自夢・MyDream:新潟8R>

 得意条件が明確になっている馬はいいが、そうでない大多数については、競馬の細かな感触や相手関係などを基に番組を選ぶことになる。トレーナーにとっては調教技術と同等に腕が試されるところだ。その点で印象的なのが尾関師。今年5月、急きょ番組を切り替えたテイアの快勝(単勝万馬券!)には驚かされた。

 その師が「ここは意識して使ってみたい条件でした」と熱を込めるディールフローに◎。新潟では、昨年未勝利(芝2000メートル)の豪快な差し切り勝ちがある。「あれが、この馬のベストパフォーマンス。内回りが合うんでしょう。距離が伸びて、折り合いが大丈夫なら」と、2勝目を計算に入れた。単複(4)。馬連(4)-(2)(3)(5)(8)(10)(12)。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ