<イスパーン賞>◇24日=ロンシャン(フランス)◇G1◇芝約1850メートル◇4歳上◇出走4頭

 今年のドバイターフ覇者ソロウ(セン5、F・ヘッド、父シングスピール)が道中3番手から直線で力強く伸び、G1連勝を果たした。M・ギュイヨン騎手騎乗でタイムは1分51秒30だった。

 4頭立ての少頭数で行われ、縦一列の展開。逃げたゲイロショップが2着に粘り、2番手を進んだクリストフ・スミヨン騎手騎乗のシリュスデゼーグル(セン9、C・バランドバルブ、父イーヴントップ)は最下位4着に沈んだ。

 ソロウは今後、ロイヤルアスコット開催初日のクイーンアンS(G1、芝1600メートル、6月16日)に向かう見込み。同レースには香港の怪物エイブルフレンド(セン6、J・ムーア、父シャマーダル)、ルルーシュ(牡7、藤沢和)が参戦を予定している。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ