「海外競馬の勝馬投票券の発売」を含む競馬法改正案が24日、衆院本会議で全会一致で可決し、法案が成立した。今後公布され、公布日から6カ月以内に施行(法律の効力が一般的、現実的に発動し、作用する)となる。今年11月までには施行となる運びだ。

 実際に海外馬券が発売できる環境が整い、購入可能となるのは来年度になってからの可能性が高い。JRAとしては新たなシステム開発や、農林水産大臣の指定を受けたレースの中から勝馬投票を実施する競走の選択、さらには海外競馬主催者との提携契約にかかわる手続き(結果等の確認方法、映像権利料の支払い等)などを進める必要がある。発売対象レースは凱旋門賞など日本馬の出走実績の高い20レースほどで、インターネットでの発売となりそうだ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ