大阪杯に出走予定だった皐月賞馬イスラボニータ(牡4、栗田博)が、左前脚球節に熱を持ったため回避することになった。3月31日、栗田博師が明かした。

 先週25日に併せ馬で1週前追い切りを行い、27日は坂路で調教。その後の運動中に左前脚の球節をぶつけ、現在も球節に熱があるという。再度獣医師に診せてから、宮城・山元トレセンに放牧に出される。復帰は夏以降になりそうだ。栗田博師は「大事をとって今回は見送らせていただきます。休ませるのが一番。今休ませれば元通りになりますから」と説明した。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ