記者予想

泰斉はガチ

スキルヴィングゆりかもめ賞の勝ち方が格を証明/青葉賞

ダイエット中だが、行きたいケーキ屋があった。北松戸駅から徒歩10分「エンドール洋菓子店」。グランアレグリアを担当していた渡部調教助手のご実家だ。閉店間際の来店になってしまったが、お母様はとても親切に笑顔で対応してくださった。ショートケーキはもちろん、帰り際に「おなかすいてるでしょ」といただいたスイートポテトがとてもおいしかった。本当に心身ともに満たされた。

東京11R・青葉賞 糖分を摂取し、予想のキレは普段以上だ。◎はスキルヴィング。前走ゆりかもめ賞では2着に0・5秒差をつける圧勝劇をみせた。過去10年の同レースで2着に0・5秒以上の差をつけた馬は19年サトノジェネシスと18年ブラストワンピースの2頭。前者はその後1戦のみで引退したが、そのレースの勝ち方は圧倒的。後者は後の有馬記念覇者と、過去の名馬が勝ち方の格を証明している。ダービー出走権をつかみ取る。馬単&3連単1頭軸流し(11)→(12)(4)(5)(6)(8)(13)。

 [2023年04月28日更新]

記者イラスト
阿部泰斉
阿部泰斉(あべ・たいせい)1999年(平11)2月4日、川崎市生まれ。小学2年から桜美林高3年まで野球部所属も、あまりいい思い出はない。法大卒。趣味はお笑い鑑賞で、毎月ライブに足を運ぶ。会いたい芸能人は大泉洋と乃木坂46賀喜遥香。AB型。天パ。 好きな馬はビートブラック、タイセイアベニール。会心の的中は2022年目黒記念。馬券スタイルは自信のある馬連、ワイドにどかん。得意な条件は東京芝重賞。座右の銘は誰もお前に興味ない。競馬歴は5年。

記者予想

一覧へ