記者予想

乗れる男

格好舞台!スーパーモリオンの出番/妙高特別

【新潟11R・妙高特別】新潟ダートに勝ち鞍があるスーパーモリオンの巻き返しだ。

1000万へ降級初戦となった函館の前走(6着)は、1000メートルで忙しすぎた。今回は2走前に差し切った現級の新潟1200メートルと、格好の舞台になる。

1000万では【1・4・0・5】と連対率50%の実績を誇る。中京にも勝ち鞍があり、全3勝のうち2勝が左回りだ。

馬連(12)から(11)(14)(15)(3)(6)(10)(13)。

3連複(12)1頭軸で(11)(14)(15)(3)(6)(10)(13)への21点も加える。

 [2018年10月12日更新]

記者イラスト
久野朗
久野朗(くの・あきら)1969年(昭和44年)9月14日、東京都生まれ。92年入社以来、整理部やスポーツ部などさまざまな部署を渡り歩く。95年10〜12月に異例の3か月レンタル移籍で競馬記者を経験も無念の自由契約。17年11月、正式に競馬班に加入。趣味の乗馬は障害ライセンスを持ち、高さ1メートルの障害を飛ぶ。20年以上続けている一口馬主は、通算勝利数が100を超える。

記者予想

一覧へ