記者予想

ひみつのアツコちゃん

マルブツメロディーの一発を狙う/プラタナス賞

【東京9R・プラタナス賞】マルブツメロディーはダート替わりの前走を快勝した。時計は平凡だが、余裕のある勝ちっぷり。酒井騎手は「前走は抜け出してふわふわしていた。まだ集中していなかった」と振り返る。最終追い切りで騎乗し、中間の感触も確かめた。全体時計は遅めだが、しまい重点で、しっかりと伸びた。「調教は良かったです。動きに上積みを感じるし、このクラスに入ってもやれていい」と好感触。一発に期待したい。3連複(6)1頭軸(5)(4)(7)(2)(8)(9)。

 [2018年10月12日更新]

記者イラスト
辻敦子
辻敦子(つじ・あつこ)。1990年(平2)12月28日、岐阜県美濃市生まれ。13年に入社し、サッカー担当に配属。14年9月から競馬記者となり「万券娘」を目指して勉強中。趣味はピアノとラーメン店を巡ること。2年前の菊花賞では9番人気のレインボーラインに◎を打ち、3連複1万7550円、ジャパンCでは5番人気サウンズオブアースに◎で3連単3万6260円をズバリ。

記者予想

一覧へ