【G1復刻】トウカイテイオー父子制覇、屈辱からの復活 岡部「生涯忘れ得ぬ感動」/ジャパンC

  • 92年11月、ジャパンC1着トウカイテイオーと岡部幸雄騎手

<ジャパンC>◇1992年11月29日=東京◇国際G1◇芝2400メートル◇4歳上◇出走14頭

やったぞ、トウカイテイオー! 世界チャンプだ。第12回ジャパンC(国際G1、芝2400メートル)は29日、英ダービー馬2頭など世界の強豪7頭、日本馬7頭の14頭で行われた。前半好位を進んだトウカイテイオーは、直線でナチュラリズム(オーストラリア)に競り勝ち2分24秒6のタイムで快勝、父シンボリルドルフ(85年)に続く父子制覇を飾った。岡部幸雄騎手(44)も2度目の優勝となった。

   ◇   ◇   ◇

ピンクのそでに青のライン、見慣れた勝負服が馬群の外からゆっくりと上昇してきた。勝負どころの4コーナー、服と同じピンクの帽子は岡部、馬はまぎれもなく日本代表のトウカイテイオーだ。手綱を持ったまま、馬なりで馬群から抜け出しにかかる。ジャパンC史上最高、約17万人をのみ込んだスタンドが大歓声で揺れる。来た、来た、来たぞ。われらがテイオーが、先頭に躍り出る勢いだ。

膨らんだ希望で胸を少し高鳴らせながら、岡部は左手で輪をつくり手綱を短くする。右手のムチを合図に、満を持してのゴーサインだ。2冠馬の体が沈んで、しなやかに伸びる。岡部は「外からは何も来ないな」と確認すると、標的をインで粘る1頭に切り替えた。オーストラリア代表のナチュラリズムだ。

左のこぶしを愛馬の首の付け根につけて押し出し、リズミカルに右ムチをたたく岡部。内のL・ディットマンは、右手をグルグル回す大きなアクション、水車ムチで応戦する。内か外か。100メートル続いた豪、日のたたき合いは、岡部の最後のひと押しで決着がついた。国際G1初年度、記念すべきウイナーは、日本のトウカイテイオーだ。

オッカーベー、オッカーベー! 沸き上がるオカベコールの中、引き揚げる岡部は胸を熱くしていた。「初めてコールをいただき、本当にうれしかった。ジーンときました」。前走の天皇賞では前半で折り合いを欠き7着大敗。屈辱からの復活は世界相手の大舞台だ。ポーカーフェースをつくろうとしても、歓喜がそれを許さない。ニヤニヤ、ニッコリ。「今までいろいろなレースを勝ってきたが、生涯忘れ得ぬ感動でしょう」といきなセリフが飛び出す。

紺のダブルのスーツ、おとなしく調教師席に座っていた男が、直線半ばでドカン! と席を蹴って立ち上がった。「オカベー、テイオー」の絶叫は、松元省師だ。きゅう務員になった1965年(昭40)からこの道27年、勝負の世界を知り尽くした同師は「これほど力が入ったのは初めて」と振り返る。2冠達成のダービーより「興奮したし喜びはずっと上」とか。潤みそうになる目を、右のこぶしでぬぐった。

大外14番からの発走。岡部は内側の13頭を見ながら、ゆっくりとスタートした。休み明けの前走は他馬と軽く接触する不利もあり、前半に引っ掛かった。「カッとしないよう、力まずリラックスして走らせることに専念したんだ」。強敵の一頭と見ていたユーザーフレンドリーが折り合いを欠いているのとは対照的に、スムーズな走りで5番手前後を追走した。

「これだけのメンバーに勝ったのだから、価値ありですよ」と岡部。いったんは地獄を見た人馬が、見事に復活し世界の頂点へ。“帝王伝説”に新たな一ページが加わった。【天野保彦】

◆トウカイテイオー▽父 シンボリルドルフ▽母 トウカイナチュラル(ナイスダンサー)▽牡・5歳▽馬主 内村正則氏▽調教師 松元省一師(栗東)▽生産者 (有)長浜牧場(北海道・新冠町)▽戦績 10戦8勝▽主な勝ちくら 皐月賞、ダービー(ともに91年)大阪杯(92年)▽総収得賞金4億9239万9500円

(1992年11月30日付 日刊スポーツ紙面より)※表記は当時

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】

週末は予想に使えるLIVEサンプル

おすすめ情報PR

コラム

的中情報

2022年12月04日高田秋と4記者がチャンピオンズCで3連複1万4020円的中!
◆高木一成 読み切った(4日中京11RチャンピオンズC=3連複1万4020円)
◆久野 朗 朗報です(4日中京11RチャンピオンズC=馬連4850円、3連複1万4020円)
◆舟元祐二 最終Vゴール(4日中京11RチャンピオンズC=3連複1万4020円)
◆桑原幹久 緩急自在にいい幹じ(4日中京11RチャンピオンズC=単勝790円、馬連4850円、3連複1万4020円)
◆下村琴葉 当たるコトノハ(4日中京11RチャンピオンズC=馬連4850円)
◆高田秋 ほろ酔いG1予想(4日中京11RチャンピオンズC=3連複1万4020円)
◆雪平莉左 勝利の女神(4日中京11RチャンピオンズC=単勝790円、馬連4850円)

◆太田尚樹 激走メイン(3日阪神11RチャレンジC=馬連1480円)
◆木村有三 旨みたっぷり儲カレー(3日阪神11RチャレンジC=ワイド520円)
◆桑原幹久 緩急自在にいい幹じ(3日中山11RステイヤーズS=馬連2720円、3連複5770円)
◆水島晴之 匠の極意(3日中山9R葉牡丹賞=馬連2710円)
◆佐藤哲三 哲三塾(3日阪神10R妙見山S=馬単5160円、阪神11RチャレンジC=3連単1万4180円)

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ