ミシェル騎手「いい点数が取れていたら」JRA騎手免許1次試験終え手応え上々、ファンに感謝も

28日、フランス人女性ジョッキーのミカエル・ミシェル騎手(27)が千葉県白井市の競馬学校でJRA騎手免許試験(新規第1次試験)を受験し、試験後に取材に応じた。今回受けたのは英語での受験も認められる筆記試験(競馬関係法規など)。前日には神社にお参りし、日本式の願掛けで夢である試験合格を願った。

すがすがしい表情で取材に応じたミシェル騎手は「レース、調教などで時間のない中、自分の中ではかなり勉強してきました。いい答をたくさん書けたと思うし、いい点数が取れていたらなと思います」と手応えは上々だった。また、愛する日本のファンに対して「日本の方々はすごく優しいし、言葉に表せませんが日本にいるのは自分の家の中にいるような感覚です。コロナの間も日本の皆さんが応援していただいて本当にありがたいです。JRAで活躍できるまで全力で頑張りますので応援よろしくお願いします」と感謝の思いを口にした。

1次試験の合格発表は10月6日。合格すれば、来年1月25日に行われる日本語での口頭試験に臨むことになる。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】

週末は予想に使えるLIVEサンプル

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ