元NBA名選手トニー・パーカー氏が馬主でG1初制覇!マンゴスチンで制す/仏1000ギニー

<仏1000ギニー(プールデッセデプーリッシュ)>◇15日=パリロンシャン(フランス)◇G1◇芝1600メートル◇3歳牝◇出走15頭

元バスケットボールプレーヤーでNBAのサンアントニオ・スパーズで活躍した名選手、トニー・パーカー氏(39)が競走馬のオーナーとしてG1初制覇を果たした。

日本の桜花賞にあたるフランスの牝馬クラシック初戦、パーカー氏が共同所有するマンゴスチン(M・デルザングル、父ダークエンジェル)は好スタートから中団の外を追走。直線は激しい追い比べとなり、英1000ギニー覇者のカシェイに頭差で競り勝った。鞍上はジェラルド・モッセで勝ちタイムは1分35秒72。

白いジャケットに身を包んだパーカー氏はパドックで愛馬を出迎え、「メルシー(ありがとう)」の言葉を繰り返した。パーカー氏の馬主名義は「インフィニティ・ナイン・ホーセズ」(9頭の無限の馬)。自身が現役時につけた背番号「9」がモチーフになっており、勝負服の色も自身が所属し、4度のNBA王者に輝いたスパーズを連想させる白と黒で構成されている。

パーカー氏は「私たちにとって、とても大きな結果になりました。フランス競馬で大きなレースの1つを(オーナーになって)2世代目で勝つことができました。すべての人に感謝したいですし、彼女(マンゴスチン)のレース後の様子を見たいです。夢のようです」と喜びを語っている。マンゴスチンの通算成績は5戦4勝。昨年8月にドーヴィル競馬場でデビューし、3連勝でG3ミエスク賞を制覇。今年初戦となった4月のG3グロット賞で初黒星(3着)を喫していたが、見事に本番で勝利をおさめた。

マンゴスチンの母の半姉フロティラはクリストフ・ルメール騎手とのコンビで12年BCジュベナイルフィリーズターフを制し、13年のプールデッセデプーリッシュ(仏1000ギニー)も勝ったが、続く仏オークスは名牝トレヴ(13、14年に凱旋門賞連覇)相手に大敗した(8着)。管理するデルザングル師は仏オークス(G1、芝2100メートル、6月19日=シャンティイ)参戦に消極的。次走は英国のロイヤルアスコット開催で行われる3歳牝馬のマイルG1、コロネーションS(芝1590メートル、6月17日)が有力視されている。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】

週末は予想に使えるLIVEサンプル

おすすめ情報PR

コラム

的中情報

2022年07月04日松本健史が3日高知12Rで3連単9320円的中!
◆松本健史 高知競馬ファイナルレース予想(高知12Rファイナルレース=3連単9320円)

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ