【ケンタッキーダービー】前半400m21秒台・・・史上空前のハイペースに泣いたクラウンプライド

  • ケンタッキーダービーを13着でゴールしたクラウンプライド(AP)
  • ケンタッキーダービーを制したリッチストライク(AP)

<ケンタッキーダービー>◇7日(日本時間8日朝)=米チャーチルダウンズ◇G1◇ダート2000メートル◇3歳◇出走20頭

史上空前のハイペースに泣いた-。日本から挑んだUAEダービー馬クラウンプライド(牡3、新谷)は7番枠から好位2番手で積極的な競馬を見せたが、13着に敗れた。勝ったのは大外枠から道中後方待機でインを突いた伏兵リッチストライク。レースラップからは今年のケンタッキーダービーの性格がはっきり見えてくる。

突出した馬が不在で、先行馬が多くそろった今年の顔ぶれ。スタートが切られると、UAEダービー2着のサマーイズトゥモローがダッシュ良く、ハナヘ立ち、それに続いたのがルメール騎手とクラウンプライド。遅れぬように続いたのがゾゾス、メッシエー、サイバーナイフ、テイバ。人気のエピセンターが8番手という展開。序盤のポジション争い、1コーナーへの進入は想像以上に激しいものになった。

今年のケンタッキーダービーの正確な数字が米国競馬の記録を取りまとめる「エクイベース」のホームページに掲載されている(※JRAもエクイベースの数字を採用している)。これを見ると、400メートルごとのレースラップはスタートから21秒78-23秒58-24秒98-26秒62-25秒65。「エクイベース」には91年以降のケンタッキーダービーの記録が掲載されているが、前半400メートルで21秒台が記録されたのは初めて。ジャスティファイが制した18年の22秒24をはるかに上回り、91年以降で最速のハイペースだった。

3角で先頭に立ったメッシエーは15着、好位の外を走ったサイバーナイフは18着、ハナを切ったサマーイズトゥモローは最下位20着に沈んだ。結果的には積極策が裏目に出てしまったクラウンプライドだが、素晴らしい状態に仕上げられ、最後まで全力で走り抜いた13着だった。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】

週末は予想に使えるLIVEサンプル

おすすめ情報PR

コラム

的中情報

2022年07月02日佐藤哲三が2日福島10Rで3連単1万550円的中!
◆木南友輔 キナミの帝王(2日福島11R・TUF杯=馬連1850円)
◆太田尚樹 激走メイン(2日小倉11R九州スポーツ杯=馬連3080円)
◆舟元祐二 最終Vゴール(2日福島12R=3連複2720円)
◆下村琴葉 当たるコトノハ(2日小倉11R九州スポーツ杯=馬連3080円)
◆今西和弘 いまにし亭 雑学馬券(2日福島6R=馬連870円)
◆佐藤哲三 哲三塾(2日小倉9R秋吉台特別=3連複2710円、福島10R松島特別=3連単1万550円、福島11R・TUF杯=馬単3960円)

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ