【ケンタッキーダービー】クラウンプライドのC・ルメール「ジャメドゥサントォワ」胸に秘め

先週水曜の美浦トレセン、クリストフ・ルメール騎手(42)とケンタッキーダービー(G1、ダート2000メートル、7日=チャーチルダウンズ)についていろいろと話したとき、彼は最後にこんなフランス語を教えてくれました。「ジャメ、ドゥ、サン、トォワ」。直訳すれば、「3の来ない2はない」。日本語だと、「2度あることは3度ある」ということわざです。

「ケンタッキーダービーは世界中のホースマンにとって、勝ちたいレースだと思います。勝つのは簡単ではないですけど、クラウンプライド(牡3、新谷)は素晴らしい挑戦ですね。ケンタッキーダービーに騎乗できるのはうれしいし、もちろん、勝ちたいです。(レースの研究は)フロリダダービー、アーカンソーダービーの映像は見ました。フロリダダービーのレベルは高いように感じましたけど、またこれから他のレースも見たいと思います」。

ルメール騎手自身、チャーチルダウンズ競馬場の騎乗は今回が3回目になるそうです。過去2回はどちらもブリーダーズカップ開催で欧州馬に芝のレースで騎乗したもの。今回はダート、そして、ケンタッキーダービーという最高峰のレースに挑みます。「これまでのケンタッキーダービーを見ていると、半マイル(通過)が45秒台なら後ろからいく馬にもチャンスはある。46秒台後半、47秒台になると、前にいった馬じゃないと厳しくなりますね」。相手関係やクラウンプライド自身の状態を見ながら、彼の戦略ができあがっていくのでしょう。

近年は米国を主戦場に活躍するフランス出身ジョッキーが目立っています。ファビアン・プラやフローレン・ジェルー、19年にマスターフェンサーへ騎乗したジュリアン・ルパルーは今年もケンタッキーダービーに騎乗します。「そう。フランス出身のジョッキーがアメリカのダートで活躍しています。プラが勝ったし、去年のジェルーもウイニングジョッキーになりました」。

馬券発売が行われた19年のケンタッキーダービー、1位入線のマキシマムセキュリティが長い審議の末に17着降着となり、繰り上がりで優勝となったのがカントリーハウス。その鞍上がプラでした。昨年は1位入線のメディーナスピリットから禁止薬物が検出され、今年になって失格が確定。繰り上がりでダービー馬になったマンダルーンの鞍上がジェルーでした。振り返ってみれば、過去3年でフランス人ジョッキーが2勝を挙げていることになります。

「フランスの言葉で、ジャメドゥサントォワ。ジャメ、ドゥ、サン、トォワという言葉があります。ジャメドゥサントォワ。2度あることは3度ある? そう。それです。だから、私は勝てるかもしれません」。柔らかな笑みを浮かべながら、ルメール騎手は続けました。「ただ、今年は4人、フランス人ジョッキーが乗ります。私じゃないかもしれない。でも、日本のみなさんがクラウンプライドが勝てるように応援してくれればうれしいです」。(※その後にミカエル・バルザローナ騎手も騎乗が決まり、フランス人騎手は5名)

フランス語のことわざを胸に秘め、日本を代表するジョッキーとしてファンの思いを背負って夢の舞台に挑む。クリストフ・ルメール騎手の手綱さばきに期待したいと思います。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】

週末は予想に使えるLIVEサンプル

おすすめ情報PR

コラム

的中情報

2022年07月02日佐藤哲三が2日福島10Rで3連単1万550円的中!
◆木南友輔 キナミの帝王(2日福島11R・TUF杯=馬連1850円)
◆太田尚樹 激走メイン(2日小倉11R九州スポーツ杯=馬連3080円)
◆舟元祐二 最終Vゴール(2日福島12R=3連複2720円)
◆下村琴葉 当たるコトノハ(2日小倉11R九州スポーツ杯=馬連3080円)
◆今西和弘 いまにし亭 雑学馬券(2日福島6R=馬連870円)
◆佐藤哲三 哲三塾(2日小倉9R秋吉台特別=3連複2710円、福島10R松島特別=3連単1万550円、福島11R・TUF杯=馬単3960円)

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ