米BCスプリント有力馬ヴェコマのユニーク走法話題

森厩舎に所属する外国産馬ジャスパープリンス(牡5)とピンシャン(牡3)が米国に到着しました。来月7日にケンタッキー州キーンランド競馬場で行われるブリーダーズC(以下BC)に出走するためです。

今年のBCは新型コロナウイルスの影響で史上初の無観客開催。日本での馬券発売もありません。2頭は2年連続のBC挑戦となるはずだったマテラスカイ(JBCスプリントに出走予定)に代わって、ダートの短距離王を決めるBCスプリント(G1、ダート1200メートル)への出走を希望しています。

27日現在、ジャスパープリンスはフルゲート14頭に入り込めそうですが、ピンシャンは微妙。出走できなければ当日の他のレースに回る模様です。

今年のBCスプリントは混戦がうわさされていますが、頭ひとつ抜けた評価を受けているのがユニークな走法が話題となっているヴェコマ(牡4)です。これまで8戦6勝。昨年はブルーグラスS(G2、ダート1800メートル)を制してケンタッキーダービー(G1、ダート2000メートル)に挑戦しましたが、勝ち馬から大差の12着でした。今年は短い距離を狙ったことが吉と出て、3月の条件戦(ダート1400メートル)を皮切りにカーターH(G1、ダート1400メートル)、メトロポリタンH(G1、ダート1600メートル)と3連勝中です。

スピードが乗ってくると左の前肢を外に向けて回転するようにして走る独特のフォーム。バタフライストローク走法ともヘリコプター走法とも呼ばれていて、この走法に着目した米国の競馬週刊誌「ブラッドホース」は先月5ページを割いて特集記事を組んでいます。ライバルはデビュー4連勝中のヤポン(牡3)、昨年のBCスプリント2着シャンスロット(牡4)あたりになりそうです。【奥野庸介】(ニッカンスポーツ・コム/極ウマコラム「ワールドホースレーシング」)

  1. コンピ予想バトル開催中!
  2. ニッカンAI予想アプリ

週末は予想に使えるLIVEサンプル

競馬ニュースランキング

    おすすめ情報PR

    コラム

    的中情報

    2020年11月25日佐藤哲三が25日浦和10Rで3連複890円的中!
    ◆佐藤哲三 哲三塾・統一重賞編(浦和10R浦和記念=3連複890円)

    お問い合わせ

    03-5931-4114(平日10〜18時)

    media_race@nikkansports.co.jp

    ◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。