米G1・4勝アロゲート7歳で急死 ドバイWC制す

17年ドバイワールドCを優勝した米のG1・4勝馬アロゲート(牡7)が病気のため死んだことが2日、分かった。同馬をけい養するジュドモントファームがHPで発表した。先週から原因不明の体調不良となり、回復の見込みがたたないことから2日朝に安楽死の処置がされた。

同馬は3歳4月にデビュー。体質の弱さなどもあって米3冠競走とは縁がなかったが、デビュー5戦目で重賞初挑戦となった16年の米G1トラヴァーズSでは、同年のベルモントS優勝馬クリエーター(7着)、プリークネスS優勝馬エグザジュレイター(11着)を従え、2着馬アメリカンフリーダムに13馬身半差をつけてG1初制覇を達成した。

その後、主戦となったマイク・スミス騎手と快進撃を続け、次戦のブリーダーズCクラシックではカリフォルニアクロームを半馬身下し、3着にはさらに10馬身差3/4以上をつける圧倒的なパフォーマンスを披露。16年の「ロンジンワールドベストレースホースランキング」では134ポンドを獲得して、世界1位の評価を受けた。

翌17年はペガサスワールドCを制し、続くドバイワールドCでは日本馬アウォーディー、ラニ、アポロケンタッキー、ゴールドドリームなどを相手に楽々とまくりを決めてG1・4連勝を達成。世界最高獲得賞金馬(当時)となっていた。連覇を狙った17年ブリーダーズCクラシック5着を最後に、現役を引退。ジュドモントファームで種牡馬入り後、3世代の種付けを行っていた。

ジュドモントファームのギャレット・オロークGMは「アロゲートのことは絶対に忘れることはないだろう。若くして彼を失った悲しみを、彼の産駒たちの活躍を見て少しでも和らげることができればと思っている」とコメントした。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ

週末は予想に使えるLIVEサンプル

競馬ニュースランキング

    おすすめ情報PR

    コラム

    的中情報

    2020年07月05日太田記者が5日阪神2Rで3連単7万6230円的中!

    ◆伊嶋健一郎 勝たせ屋・意地馬(5日阪神2R=馬単1万720円)
    ◆太田尚樹 帰って来た100万円男(5日阪神2R=3連単7万6230円)
    ◆岡山俊明 岡山俊明の自信度A(5日阪神10R西脇特別=3連複1050円)
    ◆堀内泰夫 競馬歴45年 堀内泰夫3番勝負(5日福島10Rさくらんぼ特別=馬単3730円)
    ◆水島晴之 水島晴之の単複で買え!(5日函館11R巴賞=複勝310円)
    ◆佐藤哲三 哲三塾(5日阪神10R西脇特別=3連単4670円、福島9R南相馬特別=3連単9500円)


    ◆高木一成 高木一成の ざわざわ馬券(4日福島9R開成山特別=馬連2580円、3連単1万1270円)
    ◆井上力心 井上力心のデジ穴馬券(4日福島11R安達太良S=馬連2500円、ワイド820円、340円)
    ◆中上博 厳選4頭 おとこ気馬券道(4日阪神11R大阪スポーツ杯=馬連830円)
    ◆堀内泰夫 競馬歴45年 堀内泰夫3番勝負(4日福島10R松島特別=馬単1560円)
    ◆水島晴之 水島晴之の単複で買え!(4日福島10R松島特別=単勝360円)
    ◆佐藤哲三 哲三塾(4日阪神10R芦屋川特別=3連複2300円、阪神11R大阪スポーツ杯=3連単7460円、福島9R開成山特別=3連複2220円、福島11R安達太良S=3連複1700円、函館11R北海HC=馬連1290円)

    お問い合わせ

    03-5931-4114(平日10〜18時)

    media_race@nikkansports.co.jp

    ◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。