史上初ジャパンCに外国馬0頭!JRAが発表

今年のジャパンC(G1、芝2400メートル、24日=東京)は81年の創設から39年目で初めて外国馬不在で行われることになった。9日、JRAが外国招待馬を正式に発表し、「外国馬0」が確定した。

ジャパンCは「世界に通用する馬づくり」を目指し、81年に創設。第1回はアメリカから参戦したメアジードーツが圧勝し、日本馬と世界との実力差を見せつけられた。日本馬は第4回(84年)のカツラギエースで初勝利。翌年にも皇帝シンボリルドルフが勝利したが、世界との差はなかなか縮まらず、86~91年には外国馬が6連勝。欧州、北米、オセアニアからやってきた凱旋門賞などビッグレースを勝った名馬たちがやってきて、いくつものドラマを生んできた。

一方で、近年は日本馬のレベルアップ、時計の速い馬場や検疫体制、香港国際競走の充実を理由に外国の競馬関係者がジャパンCを敬遠。海外からの参戦馬は減少し、ディープインパクトが勝った06年からアーモンドアイが勝った昨年まで日本馬が13連勝中と、国際競走としての魅力は薄れてきている。

今年のジャパンC登録馬は10日に発表。日本馬はレイデオロ、ワグネリアン、マカヒキなどのダービー馬、スワーヴリチャード、3歳牝馬カレンブーケドールなどが参戦予定。天皇賞・秋を制した昨年覇者アーモンドアイ(牝4、国枝)は香港カップ(G1、芝2000メートル、12月8日=シャティン)へ向かうことが発表されている。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. 極ウマくんの星占い

週末は予想に使えるLIVEサンプル

競馬ニュースランキング

    おすすめ情報PR

    コラム

    的中情報

    2020年05月31日佐藤哲三が30日京都11Rで馬単9040円的中!

    ◆堀内泰夫 競馬歴45年 堀内泰夫3番勝負(31日東京9R薫風S=馬単1050円)
    ◆佐藤哲三 哲三塾(31日東京9R薫風S=馬単1050円、東京11Rダービー=3連単5140円)


    ◆木南友輔 木南友輔のこの馬キナさい!(30日東京6R=馬連1450円)
    ◆網孝広 当たり馬券包囲網(30日京都4R=3連複7190円)
    ◆佐藤哲三 哲三塾(30日京都11R葵S=馬単9040円)

    お問い合わせ

    03-5931-4114(平日10〜18時)

    media_race@nikkansports.co.jp

    ◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。