日刊スポーツの競馬サイト

極ウマ・プレミアム

※楽天会員IDの新規登録もできます <【必読】決済方法別の契約期間の違い>

競馬

中山GJ・3連覇カラジ健在!主戦を背に競馬場登場

05~07年に中山グランドジャンプを3連覇したオーストラリアの名馬カラジ(せん24)が21日、パッケナム競馬場(ヴィクトリア州)に登場し、ファンを喜ばせた。
カタカナで「カラジ」と書かれているゼッケンを着用。「1」番枠のものなので、おそらく06年のペガサスジャンプS(2着)で使用したものと思われる。勝負服を着用した当時の主戦、ふっくらとしたブレット・スコット元騎手(現在は調教師)が騎乗し、この日のパッケナム競馬場で行われた障害競走の誘導馬を務めた。
カラジはカヤージ産駒のアイルランド生産馬。デビュー当初は欧州で平地を走り、01年にはオーストラリアのメルボルンCで4着に入った実績がある。
エリック・マスグローヴ厩舎に所属し、05年から3年連続で来日した。いずれもペガサスジャンプSをステップに中山グランドジャンプへ出走。ペガサスジャンプSでは05年3着、06年2着、07年3着の成績を残した。08年に4度目の来日を果たしたが、ペガサスジャンプSへ向けた追い切りで故障を発生し、中山グランドJ4連覇へ挑むことはできなかった。中山グランドJは今年、オジュウチョウサン(牡8、和田正)が史上初の4連覇を成し遂げている。

写真ニュース

有料版 極ウマプレミアムを無料体験しよう!
会員登録はこちら 詳しくはこちら

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。