日刊スポーツの競馬サイト

極ウマ・プレミアム

※楽天会員IDの新規登録もできます <【必読】決済方法別の契約期間の違い>

競馬

豪の名種牡馬リダウツチョイス死亡

オーストラリアの名種牡馬リダウツチョイス(牡23、父デインヒル)が死亡したことがわかった。26日、繋養(けいよう)するアローフィールドスタッドが発表した。
現役時はブルーダイヤモンドS、コーフィールドギニーなどG1・4勝を含め通算10戦5勝。種牡馬入り後はデインヒル系の種牡馬として、リーディングサイヤーに3度輝き、多くの活躍馬を出した。スニッツェル、ノットアシングルダウトなどの有力な後継種牡馬を残しており、現役のトップホースには先週土曜のG1ローズヒルギニーを制したジオータムサンがいる。
日本で走った産駒には15年チャレンジCを制したフルーキー、芝で5勝を挙げたランリョウオー、11年マーガレットSを制したクリアンサスがいる。また、母の父にリダウツチョイスがいる馬には18年エプソムCを勝ったサトノアーサーや重賞2着3回のキャンベルジュニアがいる。

写真ニュース

有料版 極ウマプレミアムを無料体験しよう!
会員登録はこちら 詳しくはこちら

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。