日刊スポーツの競馬サイト

極ウマ・プレミアム

※楽天会員IDの新規登録もできます <【必読】決済方法別の契約期間の違い>

競馬

アエロリットは9着に終わる/ペガサスWCターフ

<ペガサスワールドCターフ>◇26日(日本時間27日)=米ガルフストリームパーク◇G1◇芝1900メートル◇4歳上◇出走10頭

日本からただ1頭参戦したアエロリット(牝5、菊沢)は9着に終わった。
好スタートを切って2番手につけたが、3コーナーからズルズルと後退。4コーナーでは先頭集団から大きく離され、直線は流すような感じで入線した。50・5キロの有利な重量を生かせず、05年シーザリオのアメリカンオークス以来、日本調教馬2頭目の米G1制覇はならなかった。
勝ったのは、直線で外から鋭く伸びたブリックスアンドモルタル(牡5、米国)。勝ちタイムは1分54秒59。
菊沢師は「残念な結果となってしまいましたが、アエロリットや私にとって、いい経験になりました。ここまでサポートしてくれたすべての関係者の皆さまに感謝申し上げます」とコメント。手綱を取ったジェルー騎手は「パドックで馬にまたがってからレースまで非常にいい雰囲気を感じていましたが、3コーナーから手応えが悪くなってしまいました」と振り返った。
アエロリットと同じノーザンファーム生産馬で、昨年の米G1で2勝を挙げたヨシダ(牡5、米国)は6着に敗れた。

写真ニュース

有料版 極ウマプレミアムを無料体験しよう!
会員登録はこちら 詳しくはこちら

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。