海外競馬

ケンタッキーダービーG1

5月8日(日)朝 米国チャーチルダウンズ競馬場
2000メートル(ダ)

データ

※2017年以降、過去5年を参照する。

★スピード重視
1コーナー入り口までに3番手以内を確保できる先行力が必要。最初から最後まで衰えないスピードが求められる。近年は特に逃げた馬が強く、一昨年勝ったオーセンティック、昨年1位入線したメディーナスピリットもハナを切っていた。(メディーナスピリットはレース後の薬物検査で陽性反応となり失格処分)。

★地元馬断然
出走頭数の9割超を地元の米国馬が占めている。1~3着馬の馬券圏内に入った馬も地元馬のみだった。海外からの遠征組には厳しい。

★前走GⅠ勝ち
過去の勝ち馬5頭のうち3頭が前走でG1を勝っており、ケンタッキーダービーでG1連勝を果たしている。

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ