海外競馬

香港ヴァーズG1

12月12日(日)[15時00分(現地時間14時00分)発走]第4R シャティン競馬場
2400メートル(芝)3歳以上
※レース番号および発走時刻は変更となる場合があります。

データ

※すべて過去10年間の結果を参照

◆2年越しの2勝目なるか
グローリーヴェイズは19年、史上最速タイムでこのレースを制覇。今回も当時と同じモレイラ騎手とのコンビで、2年前の再現を狙う。ここで2勝目を挙げれば、G1に昇格した00年以降、07~08年のドクターディーノ(フランス)、15&17年のハイランドリール(アイルランド)に続く3頭目となる。

◆20年越しの父子制覇へ
ステイフーリッシュの父ステイゴールドは01年、このレースでG1初制覇を飾り引退レースに花を添えた。海外初遠征となるステイフーリッシュが、父のように悲願のG1初制覇を飾れるか。

◆香港馬は苦戦
アイルランド勢が3勝でトップ。日本、フランス、香港が2勝ずつでイギリスが1勝と、香港国際競走では唯一、地元勢が苦戦している。

◆若い方が強い?
4歳馬が4勝を挙げトップ。5歳馬が3勝、3歳馬が2勝、6歳馬が1勝。香港国際競走では珍しく3&4歳馬が過半数を占めている。性別は牡馬8頭、セン馬2頭で、牝馬は1勝もしていない。

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ