日刊スポーツの競馬サイト

極ウマ・プレミアム

※楽天会員IDの新規登録もできます <【必読】決済方法別の契約期間の違い>

競馬

海外競馬

メルボルンカップG1

11月6日(火) オーストラリア・フレミントン競馬場
芝3200メートル 3歳以上ハンデ 7R

7番人気のクロスカウンター(セン3、アップルビー)がG1初制覇を飾った。序盤はランナウェイが淡々と逃げる展開を後方待機。直線入り口のコーナーワークで馬群の間をすり抜けるように大外に持ち出し、51キロを生かし直線で外から差し切った。勝ち時計は3分21秒17。3度目の優勝となったマカヴォイ騎手は「難しい時期を乗り越えて、アップルビー師が最高の状態に戻してくれた。チームでこの栄光を手にすることができてうれしい」と喜びを語った。アップルビー師は「スペースが出来てから素晴らしい伸びだった」と振り返った。英国調教馬による優勝は158回目の今年が初めて。2着マルメロ、3着アプリンスオブアランで同国調教馬が上位を独占した。

出走馬唯一の日本馬チェスナットコートは14着に終わった。道中は中団後方のインを進む予定通りの競馬。直線入り口で他馬に前をカットされる不利を受けたが、懸命に最後まで脚を伸ばした。矢作師は「4コーナーのこれから追い出そうというところでの不利がかなり決定的でした。あの不利がなければもう少し良いところまで来られたと思います」とコメントした。

海外競馬海外競馬IPATはこちら

PDF成績

PDF出馬表

海外競馬の馬券作戦を後押しするため、極ウマ・プレミアムでは、メルボルンカップのPDF出馬表を用意しました。過去のデータや記者予想など、馬券作戦にお役立て下さい。[有料]

PDF出馬表

コース紹介ここをクリック

メルボルンカップが行われるフレミントン競馬場について解説します。

データここをクリック

過去のメルボルンカップからデータを取り、勝ち馬を探ります。データが導いた今年の勝ち馬とは?

2017年のVTR

アイルランドのJ・オブライエン厩舎から参戦したハンデ51・5キロ、単勝15倍のリキンドリング(牡3)が、ヨハネスフェルメール(牡4)をゴール手前でかわして優勝した。勝ちタイムは3分21秒19。2着ヨハネスフェルメールは、J・オブライエンの父であるA・オブライエン厩舎所属。息子が父を破るオブライエンワンツーとなった。3着はグレイトジャーニー産駒のマックスダイナマイト(セン7)。アイルランド調教馬が上位を独占した。L・デットーリ騎手の1番人気アルマンダンは12着だった。

海外競馬ニュース

海外競馬特集

写真ニュース

有料版 極ウマプレミアムを無料体験しよう!
会員登録はこちら 詳しくはこちら

お問い合わせ

03-3545-8173(平日10〜18時)

denden@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。