海外競馬

アイリッシュチャンピオンSG1

9月14日(土)深夜0時15分発走(現地時間 午後4時15分発走) アイルランド レパーズタウン競馬場 芝2000メートル 3歳以上

日本馬ディアドラ(牝5=写真、橋田)は、4着に終わった。アイルランドのGIに日本調教馬として初めて出走したが、前走・英ナッソーSに続く海外GⅠ連勝には届かなかった。地元アイルランドのマジカル(牝4、A・オブライエン)が2番手から抜け出し、GⅠ3勝目を飾った。
猛然と追い込んだディアドラだったが、時すでに遅かった。道中は8頭立ての後方2番手を追走。直線を向いて、鞍上のマーフィー騎手は内の進路を探るが、前が開かない。切り替えて、大外へかじを取ると、大きなストライドで伸びてきた。だが、先に抜け出したマジカルまでは遠かった。1完歩ごとに差を詰めたものの4着が精いっぱい。鞍上は「ペースも速く厳しいレースで、直線でスペースがなくなってしまいました。もっと差を詰められたと思います。ベストを尽くしましたが、勝てなくてごめんなさい」と頭を下げた。
それでも、海外の超一流馬にも引けを取らない豪脚は見せた。「負けはしましたが、良い競馬ができたので、それを踏まえて今後のことはまた考えます」と橋田師。敗れはしたが、今年の海外5戦目でも確かな手応えをつかんだ。

海外競馬海外競馬IPATはこちら

PDF成績

PDF出馬表

海外競馬の馬券作戦を後押しするため、極ウマ・プレミアムでは、アイリッシュチャンピオンSのPDF出馬表を用意しました。過去のデータや記者予想など、馬券作戦にお役立て下さい。[有料]

PDF出馬表

コース紹介ここをクリック

アイリッシュチャンピオンSが行われるレパーズタウン競馬場について解説します。

データここをクリック

過去のアイリッシュチャンピオンSからデータを取り、勝ち馬を探ります。データが導いた今年の勝ち馬とは?

2018年のVTR

断然1番人気はエクリプスS、英インターナショナルSとG1を連勝中のロアリングライオン。英2000ギニーを制したサクソンウォリアーと、フランスダービー馬・スタディオブマンのディープインパクト産駒2頭がこれに続いた。ハナを主張したのはドーヴィル。サクソンは2番手、ロアリングは後方2番手、スタディは最後方からの競馬に。最後の直線に入ると、サクソンが先頭に立ち後続を突き放しにかかった。しかし外から追い込んできたロアリングが、ゴール前でサクソンを首差かわしてG1レース3連勝を達成。サクソンは4戦続けてロアリングの後じんを拝し、このレースで故障を発症したため現役を引退することになった。

海外競馬ニュース

海外競馬特集

写真ニュース

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。