海外競馬

香港チャンピオンズデー特集

日本競馬史にまた1頭、名牝の名が刻まれた。ラヴズオンリーユー(牝5、矢作)が念願の海外G1初制覇を果たした。4頭の日本馬が1~4着を独占したなか、先頭でゴールを駆け抜けた。2019年オークス以来のG1・2勝目は、2016年ドバイターフの兄リアルスティールに続く兄妹での海外G1制覇となった。1番人気のデアリングタクト(牝4、杉山晴)は好位から伸びを欠き、3着に終わった。また、チェアマンズスプリントプライズでG1・3連勝を期待されたダノンスマッシュ(牡6、安田隆)は6着に敗れた。

◆売り上げ JRAによる香港チャンピオンズデー2競走の売り上げは21億3255万1400円だった。日本馬4頭が出走したクイーンエリザベス2世Cは16億4242万8800円で、同じ舞台で行われた昨年12月の香港C(15億29万1400円)を上回った。チェアマンズスプリントプライズは4億9012万2600円。

海外コラム一覧

海外競馬ニュース

過去の海外競馬特集

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ