日刊スポーツの競馬サイト

極ウマ・プレミアム

※楽天会員IDの新規登録もできます <【必読】決済方法別の契約期間の違い>

競馬

海外競馬

ベルモントステークスG1

6月9日(日)7時37分発走(現地時間 6月8日午後6時37分発走) 米国・ベルモントパーク競馬場 ダート2400メートル 11R 3歳

日本代表マスターフェンサー(牡、角田)は猛追及ばず5着に敗れた。最後方追走から大外へ持ち出し、ゴール前では目を引く伸びを見せたが、勝ち負けには加われなかった。日本調教馬初の米ダートG1制覇はならなかった。

ルパルー騎手は「非常に良い状態。3コーナーでペースが上がった際に少し置かれてしまった。直線では非常に良い脚を使ってくれた」とねぎらった。角田師は「チーム一丸で1着を目指していたので悔しい思いがある」。今後については「馬の様子を見て決めたい」とした。

レースは重賞未勝利だったサーウィンストンが中団から抜け出して制した。JRAのオッズでは8、1、10番人気の決着で3連単は22万円超の好配当となった。

海外競馬海外競馬IPATはこちら

PDF成績

PDF出馬表

 海外競馬の馬券作戦を後押しするため、極ウマ・プレミアムでは、ベルモントステークスのPDF出馬表を用意しました。過去のデータや記者予想など、馬券作戦にお役立て下さい。[有料]

PDF出馬表

コース紹介ここをクリック

 ベルモントステークスが行われるベルモントパーク競馬場について解説します。

データここをクリック

 過去のベルモントステークスからデータを取り、勝ち馬を探ります。データが導いた今年の勝ち馬とは?

2018年のVTR

 5戦5勝で米3冠に王手をかけたジャスティファイが最内枠から逃げの手。4コーナーで徐々に後続を突き放すと最内を追い込んだ2着グロンコウスキーを1馬身4分の3差振り切り完勝。77年シアトルスルー以来41年ぶり2頭目の無敗の3冠馬となった。管理するバファート厩舎は15年アメリカンファラオ以来2頭目の3冠馬誕生。ベルモントSは、ポイントギヴン、アメリカンファラオに続き3勝目となった。

海外競馬ニュース

海外競馬特集

写真ニュース

有料版 極ウマプレミアムを無料体験しよう!
会員登録はこちら 詳しくはこちら

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。