クイーンS特集

クイーンS(G3)

8月2日(日)札幌競馬場1800メートル(芝)3歳以上オープン(牝)

クイーンS

過去5年の成績

2019年 ミッキーチャーム
ミッキーチャーム

秋華賞2着の1番人気ミッキーチャームが、重賞2勝目を飾った。好スタートも控えて好位を追走し、最後の直線で抜け出す横綱相撲だった。首差2着は5番人気スカーレットカラー。3着は頭差で9番人気カリビアンゴールドが入った。鞍上の川田騎手、管理する中内田師は、ともにこのレース初勝利となった。

全成績はこちら

2018年 ディアドラ
ディアドラ

1番人気のディアドラが快勝した。ルメール騎手を背に、直線大外から上がり最速33秒7で差し切り。3馬身差をつけた。ドバイターフ3着以来の実戦で、GⅠ馬らしい力の違いを見せた。2着は中団から差した4番人気フロンテアクイーン。3着は好位から粘った2番人気ソウルスターリング。

全成績はこちら

2017年 アエロリット
アエロリット

NHKマイルC覇者の2番人気アエロリットが、初対戦の古馬を一蹴した。1000メートル通過58秒3で後続を離す大逃げを打ち、2着の6番人気トーセンビクトリーに2馬身半差をつけゴールした。3着は8番人気クインズミラーグロ。ヴィクトリアM覇者で1番人気に推されたアドマイヤリードは、追走に苦しみ6着に終わった。

全成績はこちら

2016年 マコトブリジャール
マコトブリジャール

道中は好位の内を進んだ9番人気のマコトブリジャールが、直線で外から1番人気シャルールに襲いかかった。頭差かわしたところがゴール。福島牝馬Sに続く重賞連勝を決めた。勝ち時計は1分47秒7。3着に11番人気ダンツキャンサーが入り3連単は39万7120円の波乱となった。

全成績はこちら

2015年 メイショウスザンナ
メイショウスザンナ

7番人気メイショウスザンナが、鮮やかな差し切り勝ちを収めた。道中は後方でじっくりと脚をため、直線で抜け出したレッドリヴェールをとらえたところがゴールだった。勝ち時計は1分47秒1。首差2着はレッドリヴェール、3着にはイリュミナンスが入った。

全成績はこちら

歴代優勝馬

回(年)優勝馬名騎手
第67回(2019)ミッキーチャーム川田将雅
第66回(2018)ディアドラC.ルメール
第65回(2017)アエロリット横山典弘
第64回(2016)マコトブリジャール四位洋文
第63回(2015)メイショウスザンナ松田大作
第62回(2014)キャトルフィーユ福永祐一
第61回(2013)アイムユアーズ戸崎圭太
第60回(2012)アイムユアーズ池添謙一
第59回(2011)アヴェンチュラ池添謙一
第58回(2010)アプリコットフィズ武豊
第57回(2009)ピエナビーナス古川吉洋
第56回(2008)ヤマニンメルベイユ柴山雄一
第55回(2007)アサヒライジング柴田善臣
第54回(2006)デアリングハート藤田伸二
第53回(2005)レクレドール蛯名正義
第52回(2004)オースミハルカ川島信二
第51回(2003)オースミハルカ川島信二
第50回(2002)ミツワトップレディ千田輝彦
第49回(2001)ヤマカツスズラン池添謙一
第48回(2000)トゥザヴィクトリー藤田伸二
第47回(1999)エアザイオン岡部幸雄
第46回(1998)エアデジャヴー横山典弘
第45回(1997)プロモーション蛯名正義
第44回(1996)レインボークイーン本田優
第43回(1995)サクラキャンドル小島太
第42回(1994)ヒシアマゾン中舘英二
第41回(1993)ユキノビジン安田富男
第40回(1992)シンコウラブリイ岡部幸雄
第39回(1991)イナズマクロス横山典弘
第38回(1990)ウィナーズゴールド坂本勝美
第37回(1989)メジロモントレー柴田政人
第36回(1988)フリートーク増沢末夫
第35回(1987)ストロングレディー的場均
第34回(1986)ロイヤルシルキー蛯沢誠治
第33回(1985)アサクサスケール増沢末夫
第32回(1984)ハッピーオールトン中島敏文

※1984年からG3に格付け。

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。