共同通信杯特集

共同通信杯(G3)

2月16日(日)東京競馬場1800メートル(芝)3歳オープン

共同通信杯

過去5年の成績

2019年 ダノンキングリー
ダノンキングリー

7頭立てと少数精鋭のレースになった。3番手を追走した3番人気のダノンキングリーが、直線で内から脚を伸ばして差し切り、無傷の3連勝で重賞初制覇を飾った。1馬身4分の1差の2着には、先手を取った1番人気アドマイヤマーズ。そこから4馬身差の3着には4番人気クラージュゲリエが入った。

全成績はこちら

2018年 オウケンムーン
オウケンムーン

6番人気オウケンムーンが3連勝を決めた。平均ペースのなか、中団の内をロスなく追走。直線は3頭分だけ外に持ち出され、力強く抜け出して重賞初制覇を果たした。2着は3番人気サトノソルタス。3着には10番人気のエイムアンドエンドが2番手から粘り、3連単は50万円超の波乱決着となった。

全成績はこちら

2017年 スワーヴリチャード
スワーヴリチャード

タイセイスターリーの逃げ。2番人気のスワーヴリチャードは中団の内で折り合い、直線は狭いスペースを割って一気に伸びた。横一線の2着争いは2番手追走エトルディーニュが粘り、1番人気ムーヴザワールドは3着、3番人気エアウィンザーは伸びを欠き6着だった。

全成績はこちら

2016年 ディーマジェスティ
ディーマジェスティ

6番人気ディーマジェスティが直線で最内から馬場の真ん中に進路を取り、ひと足早く抜け出したイモータルを差し切った。出走馬唯一の上がり3ハロン34秒台。前日に降った雨をものともせず、ディープインパクト産駒らしい切れを見せつけた。3着は3番人気メートルダール。

全成績はこちら

2015年 リアルスティール
リアルスティール

1戦1勝のリアルスティールが、レース史上初となる2戦目での重賞初勝利を果たした。スタート直後はラチを気にして外に逃げる若さを見せたが、その後は最内枠を生かし好位の直後をキープ。直線半ば、いったん先頭に立ったドゥラメンテ(2着)を内からとらえ、半馬身差振り切った。3着はアンビシャス。

全成績はこちら

歴代優勝馬

回(年)優勝馬名騎手
第53回(2019)ダノンキングリー戸崎圭太
第52回(2018)オウケンムーン北村宏司
第51回(2017)スワーヴリチャード四位洋文
第50回(2016)ディーマジェスティ蛯名正義
第49回(2015)リアルスティール福永祐一
第48回(2014)イスラボニータ蛯名正義
第47回(2013)メイケイペガスター横山典弘
第46回(2012)ゴールドシップ内田博幸
第45回(2011)ナカヤマナイト柴田善臣
第44回(2010)ハンソデバンド蛯名正義
第43回(2009)ブレイクランアウト武豊
第42回(2008)ショウナンアルバ蛯名正義
第41回(2007)フサイチホウオー安藤勝己
第40回(2006)アドマイヤムーン武豊
第39回(2005)ストーミーカフェ四位洋文
第38回(2004)マイネルデュプレ北村宏司
第37回(2003)ラントゥザフリーズ内田博幸
第36回(2002)チアズシュタルク藤田伸二
第35回(2001)ジャングルポケット角田晃一
第34回(2000)イーグルカフェ岡部幸雄
第33回(1999)ヤマニンアクロ勝浦正樹
第32回(1998)エルコンドルパサー的場均
第31回(1997)メジロブライト松永幹夫
第30回(1996)サクラスピードオー小島太
第29回(1995)ナリタキングオー南井克巳
第28回(1994)ナリタブライアン南井克巳
第27回(1993)マイネルリマーク大塚栄三
第26回(1992)エアジョーダン柴田政人
第25回(1991)イイデセゾン田島良保
第24回(1990)アイネスフウジン中野栄治
第23回(1989)マイネルブレーブ柴田政人
第22回(1988)ミュゲロワイヤル蛯沢誠治
第21回(1987)マイネルダビテ田原成貴
第20回(1986)ダイナガリバー増沢末夫
第19回(1985)サクラユタカオー小島太
第18回(1984)ビゼンニシキ岡部幸雄

※グレード制導入の1984年からG3に格付け。98年はダート1600メートルに変更されたため、レース格付けを取り消し、格付けなしの重賞として施行。

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。