京成杯特集

京成杯(G3)

1月19日(日)中山競馬場2000メートル(芝)3歳オープン

京成杯

過去5年の成績

2019年 ラストドラフト
ラストドラフト

桜花賞馬マルセリーナの初子ラストドラフトが、2戦目で重賞初制覇を飾った。手応え良く2番手を進み、直線ではラチ沿いを力強く伸びて押し切った。2着は好位を進んだランフォザローゼス、3着にはヒンドゥタイムズが入った。

全成績はこちら

2018年 ジェネラーレウーノ
ジェネラーレウーノ

大外枠ジェネラーレウーノが好発とともに先行策。コスモイグナーツの離れた2番手で後続を先導する。残り1ハロンで先頭に立つと、横綱相撲で重賞初制覇を飾った。2着は追い込んだコズミックフォース。3着も後方待機組のイェッツト。

全成績はこちら

2017年 コマノインパルス
コマノインパルス

田辺騎手が騎乗した1番人気コマノインパルスが重賞初勝利を飾った。後方待機から3角過ぎでスパートして徐々に進出。直線半ばで抜け出し、後ろからガンサリュートが一気に迫ってきたが、首差しのいでゴールした。3着はマイネルスフェーン。

全成績はこちら

2016年 プロフェット
プロフェット

5番人気プロフェットが直線でしぶとく伸び、重賞初制覇を飾った。インで食い下がるケルフロイデを抑え先頭でゴール。後方から鋭く追い込んできたメートルダールが3着。ゴール前は同じ勝負服3頭の争いだった。1番人気ウムブルフは失速して5着。

全成績はこちら

2015年 ベルーフ
ベルーフ

前半1000メートルが1分1秒9のスローペース。中団を進んだブラックバゴは頭を上げて掛かる面を見せた。ベルーフはその直後をスムーズに追走した。直線は激しい追い比べ。馬群を割って伸びたバゴがいったん先頭に立ったが、大外からベルーフが急追し鼻差捉えた。3着はクルーガー。

全成績はこちら

歴代優勝馬

回(年)優勝馬名騎手
第59回(2019)ラストドラフトルメール
第58回(2018)ジェネラーレウーノ田辺裕信
第57回(2017)コマノインパルス田辺裕信
第56回(2016)プロフェットフォーリ
第55回(2015)ベルーフ川田将雅
第54回(2014)プレイアンドリアル柴田大知
第53回(2013)フェイムゲームベリー
第52回(2012)ベストディール蛯名正義
第51回(2011)フェイトフルウォー田中勝春
第50回(2010)エイシンフラッシュ横山典弘
第49回(2009)アーリーロブスト福永祐一
第48回(2008)マイネルチャールズ松岡正海
第47回(2007)サンツェッペリン松岡正海
第46回(2006)ジャリスコライト北村宏司
第45回(2005)アドマイヤジャパン横山典弘
第44回(2004)フォーカルポイント横山典弘
第43回(2003)スズカドリーム蛯名正義
第42回(2002)ヤマニンセラフィム蛯名正義
 〃 ローマンエンパイア武幸四郎
第41回(2001)ボーンキングハリソン
第40回(2000)マイネルビンテージ柴田善臣
第39回(1999)オースミブライト蛯名正義
第38回(1998)マンダリンスター柴田善臣
第37回(1997)スピードワールド的場均
第36回(1996)サクラスピードオー小島太
第35回(1995)マイティーフォース松永幹夫
第34回(1994)ビコーペガサス的場均
第33回(1993)オースミポイント橋本広喜
第32回(1992)エーピージェット的場均
第31回(1991)ダイナマイトダディ増沢末夫
第30回(1990)ノーモアスピーディ安田富男
第29回(1989)スピークリーズン安田富男
第28回(1988)トウショウマリオ柴田政人
第27回(1987)スーパーファントム柴田政人
第26回(1986)ダイナフェアリー増沢末夫
第25回(1985)サクラサニーオー小島太
第24回(1984)ハツノアモイ菅原泰夫

※グレード制導入の84年からG3に格付け。02年は1着同着。

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。