オークス特集

オークス(G1)

5月24日(日)東京競馬場2400メートル(芝)3歳オープン(牝)

オークス

過去10年の成績

2019年 ラヴズオンリーユー
ラヴズオンリーユー

前半1000メートル通過は59秒1の平均ペース。直線に入ると2番人気クロノジェネシスとの追い比べを制し、12番人気カレンブーケドールが残り200メートルで先頭に立った。だがその外から鋭く伸びてきたのは、M.デムーロ騎乗の1番人気ラヴズオンリーユー。ゴール前できっちり差し切り、無傷の4連勝でG1初制覇を飾った。勝ち時計の2分22秒8はレースレコード。首差2着はカレンブーケドール、さらに2馬身半差の3着はクロノジェネシスが入り、馬連2万5000円超、3連単は17万円超の波乱となった。

全成績はこちら

2018年 アーモンドアイ
アーモンドアイ

単勝1.7倍の1番人気は桜花賞を圧巻の末脚で制したアーモンドアイ。サヤカチャンが後続を引き離して逃げる展開で、ランドネ、リリーノーブル、ラッキーライラックとカンタービレが好位から追う。6~7番手にいたアーモンドアイは直線入り口で、徐々に加速。左にもたれたところで、桜花賞では使わなかったステッキを入れるとさらに加速。2着に2馬身差の完勝。勝ちタイムはレースレコードに0秒2差と迫る2分23秒8だった。

全成績はこちら

2017年 ソウルスターリング
ソウルスターリング

フローレスマジックがハナを切る形となったレースは、1000メートル通過61秒7のゆったりした流れになった。直線を向いて坂を上がったところで抜け出たのは、モズカッチャンとソウルスターリング。一時はモズカッチャンが前に出るも、ソウルスターリングはさらに加速して突き放した。勝ちタイムは2分24秒1。2着モズカッチャン、3着は直線で良い追い込みを見せたアドマイヤミヤビとなった。

全成績はこちら

2016年 シンハライト
シンハライト

桜花賞馬ジュエラーが骨折で離脱。そのため首差2着シンハライトが圧倒的1番人気に支持されたが、同馬はダッシュがつかず後方からの競馬になり、馬群の内で脚をためた。直線に向いてビッシュがいったん前に出たが、外から伸びて来たチェッキーノ、さらに馬群を割って伸びたシンハライトが2頭の間から突き抜け、人気に応えた。

全成績はこちら

2015年 ミッキークイーン
ミッキークイーン

ノットフォーマルが果敢に先行策。前半1000メートル61秒3というゆったり目のペースに落とした。桜花賞で逃げたレッツゴードンキは、1番人気に推されたルージュバックとほぼ同じ位置取りで好位を進んでいた。直線に向いてからは伸びを欠くレッツゴードンキを置き去りにしてルージュバックがラスト300メートル付近で先頭に立つ。その外からクルミナル、さらに外からミッキークイーンが一気に伸びて来た。3頭の争いを制したのはミッキークイーン。最後は4分の3馬身差をつけ、樫の女王に輝いた。勝ち時計は2分25秒0。2着ルージュバック、3着クルミナルだった。

全成績はこちら

2014年 ヌーヴォレコルト
ヌーヴォレコルト

ハーツクライの娘、2番人気のヌーヴォレコルトが、ディープインパクト産駒の大本命馬を打ち破った。ロスのないコース取りにこだわった岩田騎手の好騎乗に導かれ、05年有馬記念で父が成し遂げた大番狂わせを再現した。1・3倍の断然人気に支持されたハープスターは最速上がりで猛追したが、首差届かず2着に敗れた。

全成績はこちら

2013年 メイショウマンボ
メイショウマンボ

クロフネサプライズが軽快に飛ばす中、9番人気のメイショウマンボは中団のインでじっと潜伏。脚をためながら直線を向いた。外を回さず、ロスなく回った武幸騎手は、直線半ばで馬群を割って豪快に進出。大きなストライドで府中の直線をいっぱいに使い、上がりは最速タイの34秒6を計時。2着エバーブロッサムに1馬身 1/4 差をつける完勝劇を収めた。1番人気デニムアンドルビーは行き脚がつかず、後方から追い上げたが3着に終わった。

全成績はこちら

2012年 ジェンティルドンナ
ジェンティルドンナ

フローラS快勝のミッドサマーフェアが1番人気、桜花賞2着のヴィルシーナが2番人気。騎乗停止中の岩田騎手から川田騎手に乗り替わった桜花賞馬ジェンティルドンナは3番人気に甘んじたが、レースは横綱相撲だった。道中はじっくり後方3~4番手を追走。4角を回って大外に出されると、次元の違う末脚を繰り出してあっという間に先頭に立った。最後は2着ヴィルシーナに5馬身差をつけてゴール。2分23秒6のレースレコードで堂々の2冠を達成した。

全成績はこちら

2011年 エリンコート
エリンコート

レース直前から激しい雨となり、大外から逃げたピュアブリーゼを直線残り100㍍で7番人気エリンコートが差し切った。2番人気のホエールキャプチャはスタートで立ち上がり、後方から追い込んだものの首、鼻差の3着。1番人気マルセリーナは4着に敗れた。

全成績はこちら

2010年 アパパネ サンテミリオン
アパパネ サンテミリオン

アパパネは距離延長が懸念されたが、3・8倍の1番人気。道中は中団後方を追走し、直線残り200㍍から内のサンテミリオンと一騎打ち。鼻面を並べてゴールに飛び込んだ。12分間の長い写真判定の末、GⅠ史上初の1着同着。2冠を達成した(1着同着のため、配当は210円)。

全成績はこちら

歴代優勝馬

回(年)優勝馬名騎手
第14回(2019)ラヴズオンリーユーM.デムーロ
第79回(2018)アーモンドアイC.ルメール
第78回(2017)ソウルスターリングC.ルメール
第77回(2016)シンハライト池添謙一
第76回(2015)ミッキークイーン浜中俊
第75回(2014)ヌーヴォレコルト岩田康誠
第74回(2013)メイショウマンボ武幸四郎
第73回(2012)ジェンティルドンナ川田将雅
第72回(2011)エリンコート後藤浩輝
第71回(2010)アパパネ蛯名正義
サンテミリオン ※同着横山典弘
第70回(2009)ブエナビスタ安藤勝己
第69回(2008)トールポピー池添謙一
第68回(2007)ローブデコルテ福永祐一
第67回(2006)カワカミプリンセス本田優
第66回(2005)シーザリオ福永祐一
第65回(2004)ダイワエルシエーロ福永祐一
第64回(2003)スティルインラブ幸英明
第63回(2002)スマイルトゥモロー吉田豊
第62回(2001)レディパステルK.デザーモ
第61回(2000)シルクプリマドンナ藤田伸二
第60回(1999)ウメノファイバー蛯名正義
第59回(1998)エリモエクセル的場均
第58回(1997)メジロドーベル吉田豊
第57回(1996)エアグルーヴ武豊
第56回(1995)ダンスパートナー武豊
第55回(1994)チョウカイキャロル小島貞博
第54回(1993)ベガ武豊
第53回(1992)アドラーブル村本善之
第52回(1991)イソノルーブル松永幹彦
第51回(1990)エイシンサニー岸滋彦
第50回(1989)ライトカラー田島良保
第49回(1988)コスモドリーム熊沢重文
第48回(1987)マックスビューティ田原成貴
第47回(1986)メジロラモーヌ河内洋
第46回(1985)ノアノハコブネ音無秀孝
第45回(1984)トウカイローマン岡富俊一
第44回(1983)ダイナカール岡部幸雄
第43回(1982)シャダイアイバー加藤和宏
第42回(1981)テンモン嶋田功
第41回(1980)ケイキロク岡部幸雄
第40回(1979)アグネスレディー河内洋
第39回(1978)ファイブホープ横山富雄
第38回(1977)リニアクイン松田幸春
第37回(1976)テイタニヤ嶋田功
第36回(1975)テスコガビー菅原泰夫
第35回(1974)トウコウエルザ嶋田功
第34回(1973)ナスノチグサ嶋田功
第33回(1972)タケフブキ嶋田功
第32回(1971)カネヒムロ岡部幸雄
第31回(1970)ジュピック森安重勝
第30回(1969)シャダイターキン森安重勝
第29回(1968)ルピナス中野渡清一
第28回(1967)ヤマピツト保田隆芳
第27回(1966)ヒロヨシ古山良司
第26回(1965)ベロナ加賀武見
第25回(1964)カネケヤキ野平祐二
第24回(1963)アイテイオー伊藤竹男
第23回(1962)オーハヤブサ藤本勝彦
第22回(1961)チトセホープ伊藤修司
第21回(1960)スターロツチ高松三太
第20回(1959)オーカン清田十一
第19回(1958)ミスマルサ八木沢勝美
第18回(1957)ミスオンワード栗田勝
第17回(1956)フエアマンナ佐藤嘉秋
第16回(1955)ヒロイチ岩下密政
第15回(1954)ヤマイチ八木沢勝美
第14回(1953)ジツホマレ杉村一馬
第13回(1952)スウヰイスー八木沢勝美
第12回(1951)キヨフジ阿部正太郎
第11回(1950)コマミノル渡辺正人
第10回(1949)キングナイト高橋英夫
第9回(1948)ヤシマヒメ佐藤嘉秋
第8回(1947)トキツカゼ佐藤嘉秋
第7回(1946)ミツマサ新屋幸吉
第6回(1943)クリフジ前田長吉
第5回(1942)ロックステーツ玉谷敬治
第4回(1941)テツバンザイ稲葉幸夫
第3回(1940)ルーネラ近藤貞雄
第2回(1939)ホシホマレ佐々木猛
第1回(1938)アステリモア保田隆芳

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。