今週の注目レース

  1. 注目佐藤哲三の関屋記念予想は?

関屋記念(G3)

8月16日(日)新潟競馬場1600メートル(芝)3歳以上オープン

関屋記念

関屋記念の見どころ

得意舞台で重賞4勝目を狙うプリモシーン

プリモシーン(牝5、木村)は2年前のこのレースの覇者で、マイル重賞を3勝。1分30秒5というレコード決着となった昨年のヴィクトリアMでも、ノームコアから首差の2着だった。実績的には抜けていると言っていいだろう。今年のヴィクトリアMでは、女王アーモンドアイの前になすすべもなく8着だったが【3・1・1・3】と得意の左回りで、この相手なら大崩れは考えづらい。

昨年、3歳にして中京記念を制したグルーヴィット(牡4、松永幹)がこれに続く。今年の高松宮記念では6着ながら、モズスーパーフレアから0秒3差まで追い込んだ。続く京王杯SCでも3着に入っており、ここでも当然、上位争いだろう。
高松宮記念で1着入線も進路妨害で4着降着となった〝幻のG1馬〟クリノガウディー(牡4、藤沢則)が、再びマイル戦線に臨む。前走・CBC賞はトップハンデの58キロもこたえたのか、まさかの12着に終わった。朝日杯FSと中京記念で2着があるようにマイル自体は全く問題ない。

他にも最低人気で中京記念を制したメイケイダイハード(牡5、中竹)、そこで大外枠から3着に追い込んだエントシャイデン(牡5、矢作)、前走・谷川岳Sを鮮やかに差し切り、7歳にしてますます盛んなアストラエンブレム(セン7、小島)、エプソムCで6着と1番人気を裏切ったが、0秒3差と内容は悪くなかったサトノアーサー(牡6、池江)など、この時期のG3としては豪華な顔ぶれがそろいそうだ。

予想コラム

データ分析
データ分析

重賞分析 データの神様

日刊スポーツ本紙でもおなじみの「重賞分析 データの神様」! 騎手、種牡馬、調教師、ステップ、年齢などで分け、これまでのデータを分析。狙うべき馬を導き出します。ここをクリック

予想コラム
予想コラム

東大卒・須田鷹雄の赤門式馬券学

東大卒の競馬評論家・須田鷹雄が重賞レースを予想。的中にグングン近づいて行きます!開催週の日曜午前中に更新。[有料]ここをクリック

コンピ分析
コンピ分析

関屋記念をコンピで読み解く!

30年以上の歴史がある日刊コンピ指数。コンピ大好きなあなたのためにコンピ名人・細井厚志が過去5年のコンピ指数から勝ち馬、当たり馬券に近づくデータを公開します。ここをクリック

過去データ
過去データ

過去5年の成績と歴代優勝馬

歴代優勝馬と、過去5年のレース回顧と全成績を見ることができます。これまでのレースの特徴は? 昨年も出走した馬はどんなレースをした? タイムや上がりをみて、今年の傾向を予想してみましょう。ここをクリック

動画データ
動画データ

動画で振り返る出走馬の過去レース

昨年のレースと、出走予定馬の過去のレース動画を見ることができます。各馬のレースパターンや成長度合い、力関係などを見比べて予想の参考にしてください。優勝馬を見つけるのはあなたの相馬眼です!ここをクリック

有料会員なら読める!厳選予想!

元JRA騎手・佐藤哲三が独自の相場眼でレースを読む!
G1哲三塾〜予想編〜
G1哲三塾〜追い切り編〜
哲三塾
日刊スポーツ競馬記者による、本紙に明かさない狙い目予想!
記者予想
AIコロガシ編 おとこ気馬券道

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。