今週の注目レース

  1. 注目佐藤哲三の京成杯予想は?

京成杯(G3)

1月16日(日)中山競馬場2000メートル(芝)3歳オープン

京成杯

京成杯の見どころ

アライバル上位争い必至!

皐月賞と同じ舞台で行われる3歳重賞・京成杯(G3、芝2000メートル=中山)だが、過去10年で本番でも馬券に絡んだ馬は、2018年3着のジェネラーレウーノのみ。なぜかクラシックで活躍する馬は輩出していないが、今年は例年以上に素質馬がそろった。中でもアライバル(牡、栗田)は父ハービンジャー、母は桜花賞2着、オークス3着のクルミナルという良血馬。新馬戦を快勝して臨んだ新潟2歳Sでは、後に朝日杯FSで2着となるセリフォスから0秒2差の2着に食い込んだ。距離延長は望むところで、ここも上位争い必至だ。

フジマサフリーダム(牡、菊川)は、福島での新馬戦を快勝。ディープインパクト産駒ながら520キロを超える雄大な馬体の持ち主で、スケールの大きさを感じる1頭。

テンダンス(牡、中竹)は重賞3勝馬カデナの半弟。デビュー戦は2着に惜敗したが2戦目で勝ち上がり、続く東スポ杯2歳Sでは3着に入った。経験値では上位といえる。

他にも父キタサンブラック、母は桜花賞馬ジュエラーという良血馬ヴェールランス(牡、藤岡)、中京で重馬場を克服して新馬戦を完勝したトゥーサン(牝、吉岡)、2走連続2着の後、未勝利戦を差し切って待望の初勝利を飾ったサンストックトン(牡、鹿戸)、5戦目にしてついに初勝利を飾ったタイセイディバイン(牡、高野)などにも注目だ。

予想コラム

データ分析
データ分析

重賞分析 データの神様

日刊スポーツ本紙でもおなじみの「重賞分析 データの神様」! 騎手、種牡馬、調教師、ステップ、年齢などで分け、これまでのデータを分析。狙うべき馬を導き出します。ここをクリック

予想コラム
予想コラム

東大卒・須田鷹雄の赤門式馬券学

東大卒の競馬評論家・須田鷹雄が重賞レースを予想。独自の分析を信頼する競馬ファンは多く、注目度の高いコラムです。開催週の日曜に更新。[有料]ここをクリック

コンピ分析
コンピ分析

京成杯をコンピで読み解く!

30年以上の歴史がある日刊コンピ指数。コンピ大好きなあなたのためにコンピ名人・細井厚志が過去5年のコンピ指数から勝ち馬、当たり馬券に近づくデータを公開します。ここをクリック

過去データ
過去データ

過去5年の成績と歴代優勝馬

歴代優勝馬と、過去5年のレース回顧と全成績を見ることができます。これまでのレースの特徴は? 昨年も出走した馬はどんなレースをした? タイムや上がりをみて、今年の傾向を予想してみましょう。ここをクリック

動画データ
動画データ

動画で振り返る出走馬の過去レース

昨年のレースと、出走予定馬の過去のレース動画を見ることができます。各馬のレースパターンや成長度合い、力関係などを見比べて予想の参考にしてください。優勝馬を見つけるのはあなたの相馬眼です!ここをクリック

有料会員なら読める!厳選予想!

元JRA騎手・佐藤哲三が独自の相場眼でレースを読む!
G1哲三塾〜予想編〜
G1哲三塾〜追い切り編〜
哲三塾
日刊スポーツ競馬記者による、本紙に明かさない狙い目予想!
記者予想
AIコロガシ編 おとこ気馬券道

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ