今週の注目レース

  1. 注目佐藤哲三のオークス予想は?

オークス(G1)

5月22日(日)東京競馬場2400メートル(芝)3歳オープン(牝)

オークス

オークスの見どころ

スターズオンアース 距離延長も不安なし!

5月22日、東京競馬場で牝馬クラシック第2弾・オークス(G1、芝2400メートル)が行われる。桜花賞は0秒3差の間に10頭がひしめくという、史上まれに見る接戦だった。今回も引き続き大混戦が予想されるが、一応の中心は桜花賞馬スターズオンアース(高柳瑞)か。デビュー以来ここまで【2・3・1・0】という安定感に加え、桜花賞では最後の最後に馬群をこじ開けて鼻差勝ちという勝負根性も見せつけた。血統的にも距離延長も問題なく、東京で3戦しているコース実績も心強い。ここでも大崩れはないだろう。

2歳女王サークルオブライフ(国枝)は、桜花賞でメンバー最速の上がり33秒3を繰り出し0秒1差の4着に追い込んだ。エピファネイア産駒で、この馬も距離延長は歓迎。直線の長い東京で、2度目のG1制覇を狙う。

ウォーターナビレラ(武幸)の桜花賞は、押し切る寸前で勝ち馬の強襲に遭い、ほぼ手中にしていた栄冠がこぼれ落ちた。スタートしてすぐ前につけられる先行力が魅力だが、距離延長と初の左回りが鍵になる。

桜花賞で単勝1番人気に推されたナミュール(高野)は、大外枠もこたえて10着に敗れたが、自ら勝ちに行っての0秒3差。着順ほど悲観する内容ではなかった。距離延長、コース替わりはともに望むところだ。

他にもキャリア3戦目のフローラSを制したエリカヴィータ(国枝)。2連勝でフラワーCを勝ち、勢いに乗るスタニングローズ(高野)、忘れな草賞で後続に3馬身差をつけ完勝したアートハウス(中内田)、フローラSで2着に逃げ粘ったパーソナルハイ(矢作)などからも目が離せない。

予想コラム

データ分析
データ分析

重賞分析 データの神様

日刊スポーツ本紙でもおなじみの「重賞分析 データの神様」! 騎手、種牡馬、調教師、ステップ、年齢などで分け、これまでのデータを分析。狙うべき馬を導き出します。ここをクリック

予想コラム
予想コラム

東大卒・須田鷹雄の赤門式馬券学

東大卒の競馬評論家・須田鷹雄がG1レースを予想。独自の分析で的中にグングン近づきます!開催週の月曜と土曜に更新。[有料]ここをクリック

調教分析
調教分析

調教捜査官・井内利彰 ラップで攻略

調教捜査官・井内利彰が美浦と栗東ウッドコースの残り2ハロンのラップに注目! 新たな調教分析が誕生した! 開催週の月曜と最終追い切りを見た木曜に更新。[有料]ここをクリック

コンピ分析
コンピ分析

オークスをコンピで読み解く!

30年以上の歴史がある日刊コンピ指数。コンピ大好きなあなたのためにコンピ名人・細井厚志が過去5年のコンピ指数から勝ち馬、当たり馬券に近づくデータを公開します。ここをクリック

過去データ
過去データ

過去10年の成績と歴代優勝馬

歴代優勝馬と、過去10年のレース回顧と全成績を見ることができます。これまでのレースの特徴は? 昨年も出走した馬はどんなレースをした? タイムや上がりをみて、今年の傾向を予想してみましょう。ここをクリック

動画データ
動画データ

動画で振り返る出走馬の過去レース

昨年のレースと、出走予定馬の過去のレース動画を見ることができます。各馬のレースパターンや成長度合い、力関係などを見比べて予想の参考にしてください。優勝馬を見つけるのはあなたの相馬眼です!ここをクリック

予想コラム
予想コラム

水島晴之「G1の鍵 その一瞬

G1週恒例の水島晴之「G1前哨戦その一瞬」が、2022年から「G1の鍵 その一瞬」にリニューアル。より多角的な視点から核心に迫る。競馬歴半世紀をゆうに超える経験と知識に裏打ちされた、ベテラン記者の目のつけどころに注目だ。ここをクリック

有料会員なら読める!厳選予想!

元JRA騎手・佐藤哲三が独自の相場眼でレースを読む!
G1哲三塾〜予想編〜
G1哲三塾〜追い切り編〜
哲三塾
日刊スポーツ競馬記者による、本紙に明かさない狙い目予想!
記者予想
AIコロガシ編 おとこ気馬券道

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ