今週の注目レース

  1. 注目佐藤哲三のジャパンC予想は?

ジャパンカップ(G1)

11月27日(日)東京競馬場2400メートル(芝)3歳以上オープン

ジャパンカップ

ジャパンCの見どころ

シャフリヤールが外国勢を迎え撃つ

27日、東京でジャパンC(G1、芝2400メートル)が開催される。出走予定だった凱旋門賞馬アルピニスタが故障により引退したのは残念だが、それでも一流の外国馬たちが出走予定。迎え撃つ日本勢の大将格は、やはりG1・2勝馬のシャフリヤール(牡4、藤原英)か。前走の天皇賞・秋は5着に敗れたが、海外帰り初戦ということを踏まえれば及第点。昨年はダービー制覇後ジャパンCに挑み、コントレイルの3着に好走した。今年は昨年以上の結果を期待できる。

ダノンベルーガ(牡3、堀)は皐月賞→ダービーと連続4着の後、天皇賞・秋でイクイノックスから0秒2差の3着。重量面も有利なだけに、一気に頂点まで駆け上がる可能性もある。

強豪ぞろいの外国勢の中で、注目はG1・パリ大賞を制したオネスト(牡3、シャペ=仏)。愛チャンピオンSでも2着に入った。日本との相性がいいフランケル産駒だけに、軽視できない存在だ。

ドイツG1・バイエルン大賞を勝ったテュネス(牡3、シールゲン=独)は5連勝中。近2走は逃げ切っており、展開の鍵を握る。

グランドグローリー(牝6、ビエトリーニ=仏)は昨年の5着馬で、凱旋門賞でも5着に好走。シムカミル(牡3、ワッテル=仏)はG2・ニエル賞勝ちと、それぞれ実績は十分だ。

3冠牝馬デアリングタクト(牝5、杉山晴)は復帰後の成績は物足りないが、大崩れはしていない。やはりその地力は侮れない。

他にも京都大賞典で重賞初制覇を飾った上り馬ヴェラアズール(牡5、渡辺)、同レース2着で常に上位争いに加わるボッケリーニ(牡6、池江)、福島記念を逃げ切り復活ののろしを上げたユニコーンライオン(牡6、矢作)など、個性的なメンバーがそろった。

予想コラム

データ分析
データ分析

重賞分析 データの神様

日刊スポーツ本紙でもおなじみの「重賞分析 データの神様」! 騎手、種牡馬、調教師、ステップ、年齢などで分け、これまでのデータを分析。狙うべき馬を導き出します。ここをクリック

予想コラム
予想コラム

東大卒・須田鷹雄の赤門式馬券学

東大卒の競馬評論家・須田鷹雄がG1レースを予想。独自の分析で的中にグングン近づきます!開催週の月曜と土曜に更新。[有料]ここをクリック

調教分析
調教分析

調教捜査官・井内利彰 ラップで攻略

調教捜査官・井内利彰が美浦と栗東ウッドコースの残り2ハロンのラップに注目! 新たな調教分析が誕生した! 開催週の月曜と最終追い切りを見た木曜に更新。[有料]ここをクリック

コンピ分析
コンピ分析

ジャパンCをコンピで読み解く!

30年以上の歴史がある日刊コンピ指数。コンピ大好きなあなたのためにコンピ名人・細井厚志が過去5年のコンピ指数から勝ち馬、当たり馬券に近づくデータを公開します。ここをクリック

過去データ
過去データ

過去10年の成績と歴代優勝馬

歴代優勝馬と、過去10年のレース回顧と全成績を見ることができます。これまでのレースの特徴は? 昨年も出走した馬はどんなレースをした? タイムや上がりをみて、今年の傾向を予想してみましょう。ここをクリック

動画データ
動画データ

動画で振り返る出走馬の過去レース

昨年のレースと、出走予定馬の過去のレース動画を見ることができます。各馬のレースパターンや成長度合い、力関係などを見比べて予想の参考にしてください。優勝馬を見つけるのはあなたの相馬眼です!ここをクリック

予想コラム
予想コラム

水島晴之「G1の鍵 その一瞬

ベテラン記者・水島晴之が多角的な視点からG1レースの核心に迫る! 競馬歴半世紀を超える経験に裏付けされた分析力に注目してください。開催週の火曜更新。ここをクリック

有料会員なら読める!厳選予想!

元JRA騎手・佐藤哲三が独自の相場眼でレースを読む!
G1哲三塾〜予想編〜
G1哲三塾〜追い切り編〜
哲三塾
日刊スポーツ競馬記者による、本紙に明かさない狙い目予想!
記者予想
AIコロガシ編 おとこ気馬券道

写真ニュース

おすすめ情報PR

お問い合わせ

03-5931-4114(平日10〜18時)

media_race@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。

よくあるお問い合わせ